新着Pick
1086Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ビール業界大手4社の一角を占め、ウイスキーのトップランナーであるサントリーは国内最大の飲料メーカーです。同じ業界にいると、非上場企業のカルチャーはやはり他の大手酒類メーカーとは異なるように見えます。この規模でそのカルチャーを脈々と受け継いでいるのは素晴らしいとしか言いようがありません。その一方で、当然カルチャーの浸透度合いは大企業ならではの難しい問題もあるようで、クリエイティブや営業部門の幹部の方とお話をする際、「サントリーも昔はよなよなさんの様にベンチャー魂がありイノベーションを起こしてきたのですが、今はなかなかそういうマインドが薄れてきていて・・・」という話もされます。謙遜もあると思いますが、いずれにしろベンチャー企業から大企業になったストーリーは、日本のベンチャー企業の成長に大いに参考になるはず。今後の連載、熟読させてもらいます。
本日から、サントリー特集が始まります。突然ですが、みなさんはサントリーと聞いて何をイメージするでしょうか。居酒屋で飲むハイボールや、プレミアムモルツを連想する人が多いかもしれません。

しかし、この会社の最大の特徴は、「国内最大の非上場企業」という点です。120年前から4世代にわたってオーナー経営を続け、創業家が経営トップに君臨している大企業は、日本中を見渡してもあまり見つかりません。優秀ながらも派手な振る舞いをしない創業家だからこそ、一世紀以上もの間、成長を続けてこれたのかもしれません。

近年はほとんど表舞台に出てこないのであまり知られていませんが、現在トップを務める佐治信忠会長は、フォーブスの資産家ランキングで、孫正義、柳井正に次ぐ日本3位にランクインしている資産家でもあります。

本日から7日間、サントリーの秘密を毎日配信していきます。どうぞ、よろしくお願いします!
といいつつ子会社上場させてるのはセコイというかなんというか。
創業120年近く、日本最大の非上場企業であるサントリーのなかなかメディアには出てこない経営の中身が明かされるということで、とても期待。

世襲や同族経営というと悪いイメージがつきまといますが、国内でいうとトヨタやユニチャームのような優良な同族経営の企業もたくさんあります。ただ、同族経営×非上場でここまで成長したサントリーのような企業もなかなかない。

そのサントリーが、なぜ新浪氏を招聘し、上場を目指したのか。特に新浪さんの話に注目したいです
本記事を読みながら、改めてウィスキーというのが販売できるまでに長い時間がかかる商品だと感じる。
そして時間がかかることは、ビジネスの常識としてはあまり良いものではない。そもそも現代的な経営では生まれにくいタイプの商品なのかもしれない。
でも、焦りすぎる商品・商売・経営ばかりなのもツマラナイとも思う。
国内最大の「非上場企業」。
サントリーの社是「やってみなはれ」、「インベスターZ」にも出てきますが、一言でその精神が分かる、よい言葉!

やらねば
"1963年に参入したビール事業。サントリーは2008年に黒字化するまで、実に45年もの間、赤字を垂れ流し続けてきた。"
非上場の大企業であったリクルート、電通、が上場した後も非上場を貫くサントリー。45年の赤字はすごい。変な賞賛の仕方ですがこれぞ非上場経営の真骨頂ですね。
特集始まりました。今回僕自身は初めてサントリーという企業を深く取材させてもらいましたが、家族経営もさることながら、ウイスキーというプロダクトの「擦り合わせ」なところに魅力と日本的なものを感じました。

記事をいくつか担当します。1週間お付き合いください。
山崎蒸留所では、ビジターが山崎25年とかを格安でテイスティングできたのだが、今もできるのだろうか。ドロリとした、艶のある液体だった。
サントリーが50年近く赤字続きだったビール事業を撤退せずに、プレモルの大ヒットまで結実できたのは、非上場だったからこそと言われていますよね。
ベールに包まれた鳥井家と佐治家の物語を楽しみにします。
この連載について
今、世界で空前のジャパニーズウイスキーブームが到来している。その裏側には、100年以上も前から、日本でウイスキー製造を始め、日本で洋酒文化を広めてきた、ある一族の存在がある。国内最大の非上場企業サントリーで受け継がれる、創業家経営の秘密に迫る。
サントリー (Suntory) は、大阪市北区に本社を置く、日本の洋酒、ビール、清涼飲料水の製造・販売等を行う企業グループの総称およびブランド。事業の主要な部分はアルコール飲料だが、1980年代以降清涼飲料においても一定の地位を築いた。 ウィキペディア