新着Pick
718Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨日に引き続き、講義録がNewsPicksに掲載されました!フェリックス・マーティン氏の『21世紀の貨幣論』をきっかけに、伝統的な経済学の特徴とその課題を整理する内容です。興味を持たれた方は、以下もぜひご参照下さい^^
「次なる資本主義を訪ねて:マクロ編」
https://note.mu/yagena/n/n8721fec86acf
【経済学の近未来】

主流派の経済学では、生産に使われる、資本としての「富」(Capital)と、価値の保存のためだけに蓄積される「富」(Wealth)が区別できていない。

死蔵されるWealthを、実体経済を動かすCapitalとして活用するためのインフラこそが金融システムであるとするならば、現代の経済学は金融という現象を正しく捉えることが出来ていないということになる。それは、非主流派の代表格であるピケティの『21世紀の資本』でも同じで、両者は区別されていない。
これでは、経済学は現実に役に立たない学問と言われてしまう。

資産を資本に変換する仕掛けは、わが国や米国、欧州各国のように資産の蓄積の進んだ先進諸国の経済政策の要になる。

そのためには、近未来の金融には、2種類の異なる富であるWealthとCapitalが自然と区別され、両者を区別することの意義がうまく表現できるような経済学の理論体系が必要。それを構築することが、安田洋祐さんを筆頭にした、次世代の経済学者に期待されていることであると思う。
現代経済学の問題点が非常によく整理できていると思います。
結局のところ経済学会は、実体経済の課題を解決することに主眼を置かず、理論体系を構築するための議論を行ってしまったのかもしれません。

現代経済学に批判的なクルーグマン氏も、同じような論考を行っています。
(山形浩生訳の一般理論序文にも収められています)
https://cruel.org/krugman/generaltheoryintro.html
経済学の考え方は基本的に、トレードオフ(二律背反)。「供給はそれ自らが需要を生み出す」という前提においては、「目の前にある生産されたモノがいずれは売れる」という安っぽい主張を指すのではなく「生産者は同時に消費者でもあるから、供給と需要は常に結びついている」。つまり、生産と消費が直結する。

経済学には疎いのでよくわかりませんが、現実世界において、供給側と需要側の互換性がとても高い(=売り手が買い手になり、買い手が売り手になる)メルカリのようなC2Cサービスが広がってきている背景を、経済学の理論で今後どうとらえていくのか。

計画経済と市場経済の対立議論がされていた古典的な経済学の理論においては、参加者がすべて等しく情報をもつ「完全なる市場」など存在しないというのがよく理論の欠陥として指摘されていましたが、ブロックチェーン技術によるP2P取引が出てきたことで「完全な市場」に近い分散型経済も広がっていく。

信用とあわせて、このあたりの新たな「市場」をめぐる議論がどうなっていくのかも興味深いです。
「セイの法則」…懐かしいですね。

ケインズの総需要政策に対し、ミルトン・フリードマンらマネタリストがサプライサイドエコノミクスを提唱したのが、レーガン政権時代。

私は単純に思うのです。

「モノ」が人々の間に十分行き渡った先進国では、供給も需要も頭打ちになる。
一生懸命働いて手に入れたくなる「モノ」が、昔に比べればはるかに少なくなりました。

そうであれば、停滞というより満腹状態。
後は、腹をすかせた人たちへの所得分配を考えるべきかと。
読んだことはありますが,今,手元にないので記憶だけで書きます.4,5年前の本でした.貨幣は物々交換の手段として生み出されたという通説に反し,信用度,すなわち債権の量を表すテクノロジーとして生まれたという著者の考えを説明する本だったと思います.帯に「銃・病原菌・鉄」 https://amzn.to/2IUHQ1X ジャレド・ダイアモンド の熱烈な推薦文が書いてあって衝動買いした記憶が.
いまは仮想通貨が、ほんの3ステップ、15分で創れる時代 ーー かつてホームページをつくっただけで、ドットコムバブルに乗れたように、いまや誰もがトークンエコノミーのバブルに乗れるようになるのは、ほんの1年来のことでしょう。すると「マネー」とは? 「信用とは?」という本質的な概念を理解していないと、バブルにのせられ、大きく判断を間違えることになります。経済学の限界が、とてもわかりやすく、まとめられています。
知的好奇心をくすぐる、NPらしい良い特集ですね。

経済学部出身の端くれとしては
”経済学はマネーを研究する学問だとほとんどの人が考えているが、実際は違う。”
これはYesアンドNoで、実際はマルクスの貨幣論から岩井克人大先生まで結構あるんですが、この20年くらいOSアップデートがされていないサブセクタ―といったところを、フェリックスマーティンがうまく目を付けて21世紀の貨幣論を書いた、逆にそうともいえる。

まさにクリプトカレンシー全盛のタイムリーな分野でもある。
まあ基本は、貨幣論というよりは信用論、という気がします。
どこかテクニカルで複雑だと感じていた金融や経済の世界。
一度、本質というか原点に戻るきっかけになるお話ですね。

セイの法則、富の定義。

そこに登場する言葉の奥深さに、朝からとてもいい思考の時間を頂けました。

以下引用
“価値の保存のためだけに蓄積される「富(Wealth)」に分けられます。死蔵される後者の富を、実体経済を動かす前者の富として活用するためのインフラこそが金融システムです”

“供給はそれ自らが需要を生み出すのだから、総供給が減って初めて、総需要が減るのである”
面白いですね!もっと深く勉強したいと思いました。セイの原則の根底には「生産者・消費者=自然人」という前提があるように見受けましたが、この前提自体が成立し続けるのかについて興味を持ちました。