新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

1018Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
東大の「近未来金融システム創造プログラム」で担当した講義「資本主義と金融」が、NewsPicksの記事(全3回予定)になりました!講義スライドも合わせてご参照下さい^^
https://www.slideshare.net/YosukeYasuda1/2018-96052661/
この連載は、私がプログラム統括責任者として企画運営し、昨年度から開催している「近未来金融システム創造プログラム」(Finatext/東京大学金融教育研究センター共催)の講義からのスピンオフ記事ということで、若干解説をします。

このプログラムを始めた背景は、Fintechに関するまがい物の情報や記事が世の中に溢れていることへの危惧です。既存金融機関の視点から見たFintechについての取り上げが多すぎて、本来近未来の金融システムを置き換えて行くべき要素技術や取り組みが、現在ある金融プレーヤーの業務効率化の手段のような誤解を受けやすくなっている。テクノロジーやその背景にあるサイエンスの理解をすっ飛ばして、理解した気になるようにまとめられた情報提供が多いので、国内の特に理系の学生や研究者から見て、食い足りない。

結果として、本来日本のFintechをさらには近未来の金融システムを支える枠組み構築に関わるべき「才能」が金融に関心を持たなくなっている。あるいは、アマゾンやGoogleに流出する。

そんな現状を踏まえ、わかりやすく(それゆえ)不正確になりがちなFintechの解説でなく、きちんとした技術と科学の裏付けのある話を噛み砕かずに講義しようというアプローチを取っています。

そして、このプログラムの修了生が中心となって、極めて近い未来の金融ビジネスや枠組みにおいて「破壊的創造」の主体になって欲しいという発想があり、既存の枠組みに積極的に牙をむいてもらおうと期待しています。

それには、社会人の受講も認めながら、講義のレベルはM1、M2レベルとし、各分野で世界の最先端にいる講師陣に、事前に読んでくるべき課題図書と推薦図書を30冊以上選定して頂いて、初回のガイダンスで公表しています。

特に後半では、大学院で半期くらいかけて扱うコンテンツを事前の自習で理解した上で、当日は「その先」について、講師とディスカッションを行うという形式をとっています。結果的に、その30数冊は、現時点でのFintechを理解し、金融の未来と構想するための最高のキュレーションを行った文献リストと自負しています。

今回の記事は、その一端。楽しんでいただければ幸いです。
(プログラムの全容は、https://todaifinanceinnovation.com/program/
虚構(フィクション)を共有することが、人類の革命だということは、よーくわかります。

実は、私どもの会社では、新しい企画のほとんどが、「まったく仕事とは関係ないストーリーを社員が集まって描く」ところからはじまります。だから企画会議中は、笑まくり。だけれど2時間も立たないうちに、明確な方針がみえてきて、あと担当を決めて、おしまい。

すると、チームが動き出して、自分が発揮すべき才能をみつけながら、
売上があげていくので、仕事=遊びです。

こんなんで、いいのかな?と、さすがに思っていたけれど

「認知革命」という価値の作り方が、わかりやすくまとめてありますので、とても納得しました。
"人間(ホモ・サピエンス)は、「認知」によってフィクション(虚構)を他の人と共有することができるようになったのが「革命だった」と言います"
産業革命よりももっと根っこにあるのが認知革命ですね。その後の信用革命と合わせて目に見えないものを信じる事が出来るのは人間だけです。サピエンス全史は本当に読み応えありました。
安田先生による、三回の連載スタートです。
経済学があまりに現実世界をとらえられていないことから、主流派の経済学ではない、いわば「異端」な3冊の名著を読み解くことで、現実の世界をしっかり分析していこうというものです。

その1冊目は「サピエンス全史」の下巻。
人間はフィクションというストーリーを共有できる生き物である。だからこそ、人間はお金に価値があると信じ、経済活動が発展していった、ということが分かります。

谷口記者が安田先生の講義を再構成してまとめました。安田先生、および講義プログラムを取り仕切るナウキャストの赤井会長にもご協力いただき、Newspicksオリジナルに仕立ててお送りします。
さすが安田さん上手い解説をするなあ。

その上で、サピエンスはオーディオブックを軽く聞いたんだけど面白いは面白いけど、ちょっと議論甘いような気がした。特に認知革命でフィクションを共有するっていうんだけど、フィクションに含んでいる範囲が広すぎる。例えば宗教を信じてるのと貨幣やらを信じてるのを両方フィクションだっていうんだけど、これらはかなり違っていて、貨幣の場合には貨幣の価値を信じているのが自己実現的に成立しているから、別にそこに「現実とは異なる」ようなフィクションなる説明を必要としていない。これは宗教を信じるのが本来の意味でフィクションであるのとはかなり違うと思う。

よく比較されているらしいダイアモンドの本もそうだけど、大風呂敷を広げすぎて何となくの言葉のアナロジーでなんでもかんでも説明しようとしすぎているきらいがあるような気がするなあ。

とか言ってみたけど、まあ一般書の性格上厳密なことを省いただけかもしれないし、単純に僕が読み違えているだけかもだけど。ともかく、面白い本だったしオススメ
『サピエンス』全史は本当に面白く読ませてもらいました。認知革命により生まれた"虚構"によるストーリーというものをつかって、人類が共同体を組成し、宗教を生み出し、信用革命による資本主義を発明していくという流れは、人間の本質が何なのかをよく理解させてくれます。

きわめて言語というものに近いものを使う動物はいても、歴史という概念をもつのは人類だけですしね。

あとは、最後の最後で、人工知能やゲノム編集で神をも超えた存在になりうる超ホモ・サピエンスの時代における人類の幸福に関して、「私たちは何になりたいか?」ではなく、「私たちは何を望みたいのか?」という問いが投げかけられていたのがとても印象的でした。

「私たちは、何をのぞみたいのか?」
相変わらず安田先生の解説はわかりやすい。というか、5分で知れるのって(それがこの連載の趣旨ですけど)名著の概要でしかないので、やっぱり「その先」についてのディスカッションで何が語られたかが知りたくなりますね。笑
「サピエンス全史」 https://amzn.to/2sfsyKO では,「認知革命」「共同主観(虚構)」がサピエンス発展の鍵として全体を貫いています.加えて,いろいろな切り口から読むことができるユニークな本です.たとえば,なぜホモサピエンスは唯一の人類に成り得たのか,生育される植物から見た「農業革命」というそれまで考えたことのなかった視点からの考察が与えられています.また,トラップにはまった後戻りできない農業革命,虚構で支えられた文化,貨幣,宗教,主義,そしてAI,ロボットといった新たな虚構の到来を期待する人類.
大変興味深い内容でした.
Eテレの100分で名著が好きでよく観ていましたが、NPでは5分なんですね! サピエンス全史はとても面白い本でした。当たり前にあると思っていたものが虚構だったり、発展して幸福に近づいたと思っていたことが逆に重労働を強いてしまっていたり。この5分でまた読み直してみたくなりました。