新着Pick
371Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
火星植民に積極的なマスクとは対照的にベゾスは製造業など環境にダメージがある施設は宇宙に持って行って、クリーンな地球に人が住めるようにするのがベストと考えているよう。ビジョンにアプローチ、性格が全く異なる2人のカリスマが宇宙開発を主導していく
僕が5年前に言ってたことをようやくベゾスが言いはじめた。彼のような資産家が言いださないと始まらないんですよね、宇宙開発って。アポロが行ったし、みんな小惑星とか火星に目が行って月が盲点になってたんだけど、人類が宇宙に出ていくのに月を植民しないバカな手はない。

歴史に名を刻むのはマスク、生き残るのはベゾス。僕の直感がそう言ってます。

追記:
月で太陽光が24時間常に利用できるところはありません。日照率は最大でも北極極域で、せいぜい90%です。あと、月の1日は24時間じゃなくて4週間です笑
イーロンマスクは火星に人を移住させようとして、ジェフ・ベソスは月を製造拠点にしようとしている。

一言に宇宙開発といってもそれぞれ違う戦略を取ることでかち合わないようにしている感じがします。

宇宙は広いんだからいろんな人がいろんなことやるのは良いですね。
「ベゾスは月を製造業の拠点とするアイディアを説明した。これは地球の資源を守ることにも大いに役立つという」
月への製造業の移転。壮大ですね。

「ベゾスは自分が設立したBlue OriginとNASAが月の利用で提携することを求めている」
カッコいい!w ベゾズが月を製造業の拠点として考えてるのが興味深い。AIや機械化が進むと今までの様に大きな工場は必要なくなってくるだろうから、わざわざ月までいってやる必要がある事はなんだろう?

この高邁な目標を追求するBlue Originは現在のところベゾスが私財を投じるプロジェクトとなっている。ベゾスはこの事業を「誰かが引き継ぐか、私が破産するまで続ける」と述べた。
おもろー!あくまでいまの延長線上にあるビジネスの話として、壮大そうに語らないところが凄み。
確かに、「ボタン一つで何でも翌日には物が届く」って、ちょっと前まで「月に行く」よりかなりSF的な世界だったわけで。月に当たり前にお邪魔する毎日、たのしみ。
製造業は地球でやった方が効率良いよ。
スケールが大きすぎて、イメージできない(笑)。リスクをとってリターンを確保した2人がさらに、リスクをとる循環。驚愕でしかない
事業で財を成した人は、最後は政治と宇宙に手を出す。
何故だろう?
どちらも、壮大なロマンが感じられるからかな。
宇宙空間と宇宙にある資源を有効に使いこなせるようになったら、科学はどんな風に進化するだろうな、考えるだけでわくわくする