新着Pick
516Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回は、3人の家族をご紹介しました。
シリコンバレーの生活がどういうものか、肌感覚で少しでもわかっていただけたら幸いです。

”シリコンバレーの生活は楽じゃない”、確かにこれは私も実感します。
日本に比べてお手軽ね、といえるものは何でしょう。「メキシカンブリトー」と「カリフォルニアワイン」かもしれません。

記事の中にある三番目の方が、投資物件を買ったミッション地区は、オシャレな場所と、昔から変わらない場所とが入り混じった文化の混ざる深いところです。原稿を書いている5月31日の今日も、(多分Googleに向かう)通勤バスを止めて「テクノロジー企業は出て行け」とのデモが起きました。ハイテク企業は、コミュニティをどう作っていくか、という課題も抱えています。

ところで、NewsPicksもミッション地区に拠点を開きました。
「よくその金額で場所を見つけた!」と本当によく驚かれるのですが、日本の感覚だと正直やっぱり高いなと思ってしまいます。でも、しばらくすると麻痺して「安い!」という感覚になるのでしょうか。
「フェイスブックのザッカバーグCEOと奥さんも、そこでメシをくってますよ」。シリコンバレー取材をしている時、そんな話を聞きました。実は現地では、日本食などが大人気で、お金に糸目をつけない美食家がたくさんいるのです。

一方で、シリコンバレーは息をするだけで、どんどんどんどんお金を消耗してしまうエリアでもあります。15年前に3000万円だったビンテージの一軒家が、相場で2億円などに跳ね上がっていることも日常茶飯事で、テクノロジー業界で高級を稼ぎ出す人たちがそのインフレを加速させています。

NewsPicksのシリコンバレー支局は、そんな「世界でもっとも暮らしにくい都市」において、サバイブしている日本人たちの家計簿の詳細を独占公開します。彼らがどのようにお金を得て、そして失っているのか、他では読むことができないリアルドキュメントです。ご一読ください!

追記: 現地の人でも悶絶する物価水準であり、ポイントはテック産業の桁違いの給与水準、またその中での配分の傾斜です。グーグルのヒラ社員が苦しんでいるという報道も出ています。
シンガポールでも年収1,000万円は完全に低所得。その証拠にここ2年は年収1,000万円以下にかかる所得税がただでさえ低いところから、半分くらいにまで減免されて約30万円まで下がっている。95%以上の手取り率にするから頑張れという感じ
家賃はNYよりも高くなっているとの印象があったので、むしろここで出来る家賃は安いと感じました(シアトルと同程度とも評価できますので、立地が悪いのか?)。
名目賃金の日米比較は、インフレ率が違うので、どんどん感覚が変わっていると思います。日本での1,000万円は10年前も同じ価値でしたが、米国ではインフレがあるので、同じ1,000万円はどんどん相対的に貧乏になっていきます。

ちなみに日本の名目世帯収入は(①)、2006年から10年間ほぼ横ばい状態です(550万円程度)。対して、米国は上昇を続けていますが、実質ベースでみると(インフレを調整)、こちらも微増にみえます(②)。
相対的に日本が割安になっていることにはなります(為替の調整はありますが)。


①国民生活基礎調査
http://bit.ly/2suNoFz

②U.S. Household Incomes: A 50-Year Perspective(1つ目の図が名目、2つ目が実質)
http://bit.ly/2Ha4b5X
要するに名目賃金と実質賃金の話であり、特に海外との比較では物価に応じて動くはずの為替レートも挟んで比較しなければ意味がない訳ですから、結局「シリコンバレーも大したことない」という落としどころになるように読めました。最も米国内の平均と比べて高いというのは間違いないのだと推測しますが・・・
シンガポールも大体同じです。あと日本が激安過ぎだから尚更高く感じるというのも大きいです。
"ちょっとした怪我などで病院に行こうものなら、その涙ぐましい節約はすべて水の泡になる。"
家賃や食費のたかそうな事は想像しやすいですが、この辺りが日本の感覚とかなり違いますよね。保険は政権が1つ吹き飛ぶくらい重要な問題です。
以前も書いた話だが…。

1. シリコンバレーの中で数多くの企業が支店を出してるN. 1st streetから程近くにグアダルーペ川という川がある。この川はサンノゼの街中からAlvisoという湾部まで続く川でこの川沿いにトレイルと自転車道が整備されている。私はたまにこのトレイルを走ったりロードバイクで走ったりして気晴らしするのだが、あまりサンノゼの街中に行き過ぎると、ちょっと治安が悪くなってくる。サンノゼ空港の横を通り過ぎる頃から雰囲気が怪しくなり、アドビシステムズの巨大な本社ビルがある辺りになると、ホームレスがうようよいる空間に様変わりする。

2. 通勤のたびに見かけるホームレスで必ず同じ場所に立っているヒゲのおじさんがいたのだが、3年経ち最近見かけなくなった。生活空間を変えたのか…それとも…

3. 休みになるとファーマーズマーケットに行くのが楽しみな時期があったが、ファーマーズマーケットの入り口には大体、「3kids No jobs」とマジックで書かれた段ボール紙を持っている親子が立っている。子どもは見るからに痩せており、果たして何ヶ月その生活が出来るのか?と思ってしまう。

4. シリコンバレーで子供が産まれたが、医療費は本当に高くて赴任者でなければあまり産みたいとは思えないほどの高さだった。医療自体は素晴らしく、施設も含めて良い対応だったと感じたが、入院費なども含めるとワゴンが買えるほどにはお金がかかる。こんなお金払える家族はそこそこ共働きで稼いでいないと無理ではないか?とも思える。
日本が安いというのが本質だと思いますけどね。
上海とかだと流石にシリコンバレーやシンガポールに比べて安いものも沢山ありますが、クオリティを日本レベルに合わせると多分コストは日本の1.5-2倍はするので。

皆さん、東京は世界の大都市でも生活をするという意味では最高の部類の大都市ですよ(笑)
LAもシリコンバレー程ではないけど物価高いので、昼メシは毎日スーパーのゴミみたいなサラダ(それでも5ドル)です。よくサルモネラ菌が入っています。夜も何食べるのか毎日考えるのがめんどくさいです。
この連載について
アップルや、グーグル、フェイスブック、ウーバー ー 破壊的なテクノロジーやビジネスが10年サイクルで生まれているアメリカ・西海岸のシリコンバレー。革新がこの地で生み出されるのは単なる偶然ではない。なぜシリコンバレーがシリコンバレー足りえるのか、そこには"キーマン"たちの人脈が大きな意味を持っている。革新の遺伝子はどう受け継がれているのか、これを知れば日頃のニュースが数倍楽しくなる、禁断の解体書。