新着Pick
970Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アップルの城下町で働いている日本企業社員は、他人の「2倍速」で年をとってしまうーー。この話をで語ってくれた方は、かなり本気で、あれは地獄だったと証言してくれました。

アップルという会社は、猛烈に社員が働くことで知られています。そんなアップルと負けないスピードとエネルギーで働いているのが、彼らの「城下町」であるクパチーノに集う、日本企業のアップル担当という特命社員たちです。現地にはソニー、シャープ、村田製作所、日本写真印刷、日亜化学工業などなど、さまざまなサプライヤーが拠点を置いています。

彼らの365日はどのように成り立っているのか。これまで語られることが少なかった、アップル経済圏の黒子たちの物語を、NewsPicksが現地からお伝えします。ぜひ、ご一読ください。

シリコンバレーへの憧れと幻想を、良い意味で吹っ飛ばしてくれます。働きまくる彼らへの強いリスペクトを込めて書いています。
キラキラしたイメージとはまた違った裏の事情を浮かび上がらせる後藤記者の渾身の記事!

一部一緒に取材する中では、無駄遣いをしない”ヘルシー”をめざしている会社だと理解したのですが、そこにはやはり負荷がかかる部分もあるということなのですね。

面白いなと思うのは「ジョブズの哲学」というべきものが採用にも生かされているところ。美術館勤務だったり音楽家だったりと、考えただけでも生活が楽しくなりそうです。かたやGoogleは非常に学歴重視といわれています。(もちろん部署によっても違いますね)

同じITジャイアントであってもものすごく個性が違う、そういうことを実感する取材&記事でありました。
『市内や近隣に家を建てることができるのは経営幹部か、ストック・オプションで億円単位のリターンを得ることができたベテラン社員がほとんど。(中略) 混雑状況によっては片道1時間半以上をかけてクルマや社員用バスで通勤する』

東京だけでない通勤の現実。
安心している場合ではないが、公共交通機関が充実しているだけ、東京がまだマシ。
と思ってこの記事を通勤電車で読んだ人が何人もいるでしょう。

ちなみに、夕方から本社が始業、早朝や深夜の電話会議等は、残念ながらグローバル企業、特に幹部では普通です。
どんなにすごい会社でも、時差だけはどうしようもない。
対策は、家族との夕食後に自宅で電話会議など、「自分自身の勤務時間調整」をするしかない。
ジョブズはiPhoneのデザインにおいてSONY製品を参考にしていたというし、この記事を読む限りサプライチェーンマネジメントにおいてはTOYOTA流を意識。プロダクトはSONY、ビジネスはTOYOTAが参照されているというのは面白い(実際に部品メーカーは日本の会社ばかりですしね)。

Amazonも「地球上でもっとも顧客第一主義な会社」を謳っていて、7年ほど前に内部の人に話を聞いたときに"they don't care shareholders, vendors, and even employees. they care only end-users."と言っていたのが印象的でしたが、Appleの考え方もこれに案外近いのかもしれませんね。
「中国系の企業が、自社株をアップルの担当者に渡して、新しくサプライヤーに入ろうとしている噂を聞きます。アップルが採用すると決まれば、株価が急騰することを見越したリベートでしょう」

アップルのサプライヤーにまつわる噂は本当に多い。
記事ではやんわり否定しているが、トップレベルの交渉では相当問題になる事案が巷では話されていますね。

今回の記事の「証言」にあたるところがなんか極端な感じはしましたが、現地の雰囲気を知る上ではある程度仕方ないのかな、という感じもしました。
「毒リンゴ」とも呼ばれる。
取引先相手として極めて大きいが、一方で当たり前だが要求も極めて厳しい。
巨大メーカーに納めるサプライヤーは辛いよ、海外は時差があって大変、の下りは程度の差さえあれ、どこも同じ構図と思いますが、どちらかというとアップルのエリート社員が猛烈に働いている、ということのほうが印象に残ります。
こういう敵を相手に、杓子定規な「働き方改革」で勝てるのかなあ、というのが素直な感想です
「最初は新鮮だったカルフォルニアの風景も、いつしか四季のない、凡庸とした岩肌の連続に見えてくるように。家族たちは、あまり外出で喜ぶこともなくなった。唯一の癒やしは、足つぼマッサージ(約30ドル)。ただただ耐性を求められる、アップルに捧げる「クパチーノライフ」は3年でやっと終わった。これがシリコンバレーに住まう日本企業のアップル担当者が、他の社員の2倍のスピードで、年をとってしまうと言われる所以なのだ。」(記事引用)

本記事の最後に貼られているAppleの新社屋(アップルパーク)の写真を見て、SNSの光と影を扱った映画『ザ・サークル』を思い出した。この映画は、「いいね!」を得るために自らの生活を24時間さらしつづける主人公女性の物語だ。プライバシーは間違いであり罪ですらある、というところまでアジテートしていく展開の「リアリティ」が本作の真骨頂であったと思う。

リアルな世界におけるApple社の実態の一端を描写する今回の記事は、Appleという生態系の光と影を実感させる。ここではワークライフバランスは間違いであり罪である、とでもいうように、CEOを筆頭に、サプライヤーを巻き込んでひたすら働き続ける。

iPhoneなどの製品をライフスタイル(というより生き方)に組み込んでしまっている現代人は、知らず知らずにうちに、Apple的生き方に取り込まれているのかもしれない。『ザ・サークル』の主人公は、会社幹部に反旗を翻し英雄となるが、最後までプライバシーを晒すアイコンとして生き続ける。私たちは、Apple的生き方に対して、どのように判断し、行動するのか。ふだんあまり意識しない重い「問い」をつきつけられた。
アップルは、1%、2%、5%。値下げをさせた金額ではなくて、元の価格からの値下げ率こそが彼らのKPIになっています。だから小さなサプライヤーに対しても、容赦なく締め上げてくるのです
なんか、newspicks がシリコンバレーに、行ったとたん、「シリコンバレーの、キラキライメージ☆」から、いきなり現実的な記事で、胃が痛いな。笑
夢だけど見てたい。笑
この連載について
アップルや、グーグル、フェイスブック、ウーバー ー 破壊的なテクノロジーやビジネスが10年サイクルで生まれているアメリカ・西海岸のシリコンバレー。革新がこの地で生み出されるのは単なる偶然ではない。なぜシリコンバレーがシリコンバレー足りえるのか、そこには"キーマン"たちの人脈が大きな意味を持っている。革新の遺伝子はどう受け継がれているのか、これを知れば日頃のニュースが数倍楽しくなる、禁断の解体書。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
116 兆円

業績