新着Pick
1632Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker


シリコンバレー支局立ち上げ企画、「シリコンバレー 秘密の人脈」がいよいよ始まります。

NewsPicks拠点をサンフランシスコに開き2カ月弱が過ぎました。

近所のカフェでは、朝から息巻く起業家が投資家にピッチをしていたかと思うと、「Googleで人材を募集しているよ」なんて情報を熱心にやりとりするアグレッシブな人たちを目撃します。

そんな一方で、住宅費が高騰してとても生活がしづらい、という嘆きの声も聞こえてきます。

アップル、グーグル、フェイスブックと日々シリコンバレー発のニュースがある中で
この特殊なIT都市をまず、みなさんにどう伝えたらいいだろうか?そう思い後藤記者と一緒に考えたのがこの企画です。人をたどりながらこの場所を横断的に見ていきます。

日々のニュースが、この特集後には数倍にも面白くなっているのではないかと思っています。1週間よろしくお願いいたします!
NewsPicksが新しくシリコンバレー支局をオープンしたのは、米国サンフランシスコ市内のミッションディストリクトという地区です。中南米系の人が多く住んでいる魅力的なエリアであり、一方でグーグルの通勤バスなどに、たまごなどを投げつける騒ぎが起きた場所でもあります。

「2000年に3000万円で買ったこの家が、1億5000万円になった」と、私が泊めてもらった60代の女性家主は語っていました。グーグルやアップル、フェイスブックといったテックジャイアンと、大量の人材流入で、15年間で不動産価格が5倍に跳ね上がったそうです。一方で、地域のラテン系コミュニティは維持が難しく、ミュージシャンやアーティストは姿を消したそうです。

シリコンバレーは、あまりにも有名なその名前と裏腹に、非常に閉鎖的なコミュニティがたくさんあるハイテク都市です。Newspicksは現地にレポーターを配置して、日本からでは絶対に描くことができない、このエリアの「内側からの風景」を毎月配信しつづけます。どうかみなさま、よろしくお願いします!
楽しみな連載。明日から同地を訪れるので、連載と合わせて改めて肌で感じて来ようと思ってます。

ちなみに、同地では「世帯年収2,000万円でもきつい」と知人たちから聞いてます。特に住宅関連、不動産が高い。

一方で、同地にある企業が地域の学校にあらゆる支援をしているため、質の高い教育を目指して引っ越して来る人たちも多いと。不動産高騰は教育とも結びついてます。
意思決定権限のない担当者が物見遊山的に見学に来て、大した突っ込みも価値提供もなく帰っていくので、日本人と会っても時間の無駄だと思われている。
まったく知らないシリコンバレーを明かしてくれた。
多くの日本企業はシリコンバレーに駐在事務所を設立し、関連の情報を本社に発信している。あまりにも物価が高くなり、もうシリコンバレーでモノづくりより、新しいアイディアを出して、新しいサービス、しかもIT中心のサービスを提供する拠点になっている。
そのアイディアを実現するところはどこ?一応、中国の深センはその中の一つである。
シリコンバレーでアイディアを出し、深センでモノを作るという関係を作っている。
いつか(禁)深セン秘密のモノづくりを出すか。
シリコンバレーの倒産事情はどうなっているんだろう…。倒産記者という仕事柄、読みながらふと素朴な疑問がわきました。そもそも米国の倒産件数は日本よりもケタ違いに多いですし、おそらくものすごい新陳代謝が行われてるのでしょうね
ナパも近いしワイン🍷最高!って事は食文化が更に深く浸透するだろうね。ニューヨークもいいけどサンフランシスコもいいね。最高の仕事をするなら食が美味しく無いとモチベーションが上がらないよね!
日本のベンチャーコミュニティも「村的で閉鎖的」と言われますが、どこもそうなんでしょうね。そういう意味では、日本のベンチャー村の住人であることが一つの強みであったNPが、シリコンバレーのインナーサークルにしっかり入り込めるかは、英語版でしっかり戦っていく上でも一丁目一番地。そういう挑戦でもあるな、と思いながら楽しみに読むことにします
これからはシリコンバレーではなくテキサスではないでしょうか。トランプ政権になってから大幅な減税が行われます。その恩恵を一番受けるのがテキサス州だからです。
これからは税金の高いシリコンバレーではなくテキサスが注目されると思います。
僕は行ったことないから、偉そうなことは言えませんが、行った人の話を聴くと、感想は二極化しています。

一方は、「世界のビジネスの現場を見れた。シリコンバレーの強さの源泉があった」と語り、もう一方は、「ただの田舎だった」と語ります。

前者はガッツリインナーサークルの内側に入った人で、自分のビジネスプランを持ってベンチャーの人と議論したり、ピッチをしたり、した人で、後者は、えーっと、うちの会社の人です。

行ったことないから、いずれにせよ寒いコメントですね。

『「一見さんお断り」の、閉鎖的なインナーサークルでものごとが動いている』
この連載について
アップルや、グーグル、フェイスブック、ウーバー ー 破壊的なテクノロジーやビジネスが10年サイクルで生まれているアメリカ・西海岸のシリコンバレー。革新がこの地で生み出されるのは単なる偶然ではない。なぜシリコンバレーがシリコンバレー足りえるのか、そこには"キーマン"たちの人脈が大きな意味を持っている。革新の遺伝子はどう受け継がれているのか、これを知れば日頃のニュースが数倍楽しくなる、禁断の解体書。