新着Pick
292Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
教育現場、官僚のせいだけでしょうか。ここでいう「全体主義」は、良くも悪くも昔から日本に根強く染み付いている考えではないでしょうか。
保育園、幼稚園、小学校で、「みんなと仲良くしようね」「お友達たくさん作ろうね」なんて言葉を投げかける親も多いのでは。
「一年生になったら」の歌詞、歌として明るく素敵な歌ではありますが、友達をたくさん作ること、たくさんの友達と行動することがいいこと、という価値観があらわれていることを否めません。
私は、息子に対し、「誰とでも仲良くなんかなれない。合わない人は必ずいる。なので、気があう人だけ友達になればいい。でも、合わないからといって、その人を否定していじめることは絶対いけない。いじめほどみっともないものはない」と言ってきました(本人は覚えてないかもしれないですが)。

個人個人では、多様性を尊重しよう、人と違うことは悪いことではない、という考えの人はいますが、いざとなるとまだまだ「全体主義」が幅を利かしています。
安倍政権が進めている教育改革(道徳の教科化、家族教育支援法など)は、明らかに全体主義を推し進める方向性で、国民全体がもっと危機感を持つべきです。
逃げて良い。コミュニティというのはその学校だけではない。大人がそれを子どもに伝えられるかどうか。