新着Pick
452Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ついに本を出すまでになったか!
あの酒井がここまで成長するとはみんな予想できなかったのでは。
自信のなさやメンタルの弱さをどう克服していくかをしっかり考え自ら解決しここまで到達した。
全てのチャレンジをポジティブに考える、というのは簡単にできそうだけどなかなか難しいことだよね。
いい学びを得ました。
「くらべない」「気にしない」「引きずらない」。
アドバイスはとにかく試して確認してみる、すべてポジティブに変換して受けとめる。
トップ選手がいうと、説得力があり響く。

マルセイユが転機とのこと。実戦の機会が増え余計なことを考える暇がないのも大事だと感じます。一般人は、あれこれ悶々とする時間があれば、実践からポジティブに学ぶ、かな。
>マルセイユは大好きだけど、「このクラブだけがすべてじゃない、僕を必要としてくれているクラブは他にも必ずある」と捉えれば、あらゆる不安を取り除くことができました。

チーム(組織)に属している人間ができる事は与えられた事を確りとこなす事。酒井選手の場合、自分のコンディションを整え、チームに貢献しながらも自分のプレーに徹する事で『自分軸』で物事を考え始めた事。この気持ちの転換は大きい。
他人軸で考える、というのは、物事を俯瞰して見ることでもあるんだと思います。
視点や発想の転換は、いつも色々な気付きをもたらしてくれますね。
自己肯定感の重要性。それが記事に書かれている他人軸ではなく自分軸なのかなぁと思う。
ただ、元々の自己肯定の強さは人によって違うし、低い場合に切り替えようと思っていても人間の心は自分でもナカナカ制御できない。あと、自己肯定が弱いことが逆に努力することにつながる側面もあるとも思う。

自分の自己肯定を受け入れて、うまく活用できるのが一番よいのだろうなぁ。人それぞれ。
自分と向き合い、ポジティブに。あとは力を入れすぎないことですかね。簡単ではないけど、三拍子があるといい。