新着Pick
242Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
省人化にロボットを活用するという点で大変面白いと思います。しかし業務効率を考えると、棚の値札を電子表示すればこの作業自体が不要になる気もします。もちろん現場のニーズ次第ですが。
もちろん値札を電子化すれば解決する問題ですが,既存の店舗にロボット一台を持ち込んで走行は自動化.画像処理はクラウドで実行とすれば,今の店舗に直ぐに導入可能というのが売りなのでしょう.人にぶつからないようにすれば(難しい?),稼働は夜中に限らなくても良いのではと思います.
商品が整然と並ぶ品ぞろえの多い店に使えると思います.例えば,本屋に導入することも可能でしょうか.本屋さんって,商品管理が大変そうなイメージがあります.棚卸の代わりに使えそうです.本がどこにあるのかの検索も本棚の画像付きでできると思います.どうでしょうか.
ブラジルにはそもそも値札がちゃんと貼られていることが皆無。で、店内にあるバーコードスキャナーに自ら持っていって値段を見るという大きな非効率があります。
売り場の商品陳列と値札の間違いがあれば、ロボットが確認する以前にお客からクレームが入るはず。
なので、陳列を間違える可能性がある部分、つまり商品陳列という作業にこそロボットの出番なのではないだろうか。
よく行くスーパーでは営業時間中に商品陳列をしているが、正直、買い物客にとって邪魔でしかない。
これがロボットに変われば終業時間後の深夜帯で作業をさせることに問題はないし、朝の開店時点できちんと陳列されていれば日中に品切れが無い限り、人間の作業が関わる作業は減らせ、結果的に人件費の削減にもなる。
値札も売り場と連動したデジタル式の値札が付いていれば、表示内容は一括管理出来るので、こちらの方が普及は早いのではないだろうか。
Amazon goがハンパない画像認識を駆使して無人コンビニを実現しようとしているのに近いアプローチだが、なんとなく、こちらは(こちらだけは)「筋が悪い」と批判されそうな気がするのはなんでだろう。

シリコンバレー信仰か、徹底している感じがないから、効果が薄く感じるのかな。
これで終わりではなく、深夜の棚卸しと発注作業までを一括して出来るようになってくれば良いなと思います。
「店舗の営業が終了した午後10時から翌朝5時の間にカメラなどのセンサーを備えた棚監視ロボットが店内を自動巡回」
閉店後の時間を利用できるというのがいいですね。
人材不足が進む中、ロボットの活躍の場は更に広がりそう。
百貨店などの館にニーズがありそう。テナントの商品データを持っていないケースが多く、こういう深夜徘徊ロボでデータ化するというのは一つの手ですね。
反対側の棚に広角カメラ付ければ棚の写真撮影くらい、簡単にできそうですよね。なんでロボットを使うのでしょうか?
東芝テック株式会社(とうしばテック、TOSHIBA TEC CORPORATION)は、東京都品川区に本社を置く電気通信機器メーカー。東芝グループで社会インフラ事業領域(リテール&プリンティングソリューション)の一角を担っている。東芝の連結子会社ではあるが、東証一部上場していること、東芝と独立したコーポレートも有することで、東芝グループではあるが独立性を有している。 ウィキペディア
時価総額
2,539 億円

業績