新着Pick
226Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本コラム筆者の西村です。

タイトルは編集部の意向により無人カラオケが前面に出ていますが、内容は中国の無人消費全般に関する考察です。

取材のためと自分に言い聞かせ、ミニカラオケにもチャレンジしてきました。送られてくる自分の歌声を後から聞くと、なんか背中がムズムズする感じです(笑)

中国の無人消費市場は今後更なる拡大が期待されており、日本企業の参入も見られるようになりました。従来型ビジネスにおいては多くのノウハウを持つ日本企業と先端技術に長けた中国新興企業との提携が今後増えてくるかもしれません。
去年中国に行ったときに、この無人カラオケがモールにあってビックリした。またWeChatで払えるということも、カラオケに限らず自販機が一気に拡大しそうな兆しも感じる(下記と併せて)。
ただ、15分で約350円という価格、逆に日本のカラオケの安さも感じる…
https://newspicks.com/news/2983642
1人で来ている姿を店員にすら見られたくないという人もいると思うので、日本でも無人カラオケがあればある程度流行ると思っています。
先日上海にいったとき、有名デパートのいわゆるデパ地下のエスカレーターの脇に、電話ボックスより少し大きい箱があって、パソコン貸出かな?と喜んで入ったらカラオケでした。
歌いたいときにすぐ箱にはいって歌えるんだろうな。
中国の、欲望に忠実な方向で、身も蓋もなく便利なソリューションを提供する感覚は、たまにすごく勉強になる。
普通のSCのエスカレーター乗り場の横くらいに1人2人用のカラオケボックスがあり、かつ利用者が普通にいるのも驚きでした。ただ歌うだけでなく、それを動画に撮ってアップしている感じの人も多かったです。
この前、深センに行った時に見ました。たまたまなのか、2台あって2台とも使われていました。現地の人に聞いたら、かなり人気ありますよとのこと。その人は子どもとちょっとした空き時間に二人で入って歌うと言っていました。
地下鉄の駅やショッピングセンター、オフィスビルの1階など、いたるところで「お1人様カラオケ」を目にするようになりました。無人スーパー等もテクノロジーだけではなく、生鮮食品の鮮度や配送スピードも含めて差別化が図られるようになってきています。
 
スマホ電子決済含め、生活における利便性は一足飛びに高まっています。中国側の新しいサービスを日本に持ってきたり、日本の強みを中国側で新しく展開していったりと、日中間のクロスボーダービジネスの商機が広がっています。