新着Pick
442Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ジムに通う目的に合わせて設計しなくては、ヘルスケア業界にありがちなITを駆使すればうまくいくという幻想による投資損になりかねないです。

ジムに通う頻度が高まる仕掛けにより、健康的な人が増えることを期待します。
何を隠そう私はメガロスの会員です。月に10回は通っています。私の所属するメガロスは、まさに老人クラブです。今は流行らないエアロビクスのレッスンでは、還暦間近の私が最年少ということもありました。今、スポーツジムにとって高齢者はまさに「金のなる木」です。かつての公民館や茶話クラブ、街の銭湯の機能がすべてここにあります。会費をあと2倍払っても、高齢者はスポーツジムについてくると思います。ただ、問題は団塊の世代がすべて後期高齢者になる2025年以降です。細やかなイノベーションを重ねることはもちろんですが、肝心要は5Gの活用に向けてのアイデアを深めることだと思います。
フィットネスがブームと言われている一方で、確かにICTの導入は非常に遅れていますね。RIZAPの成功に見られるように、人はある程度管理されてこそジム通いが続くと思います。管理されるというのは、食事の状況を報告するとか、トレーニングメニューを記録するとかです。

世の中にフィットネスアプリはいくらでもありますが、よほど慣れていないと使い方が難しく、途中で入力するのが嫌になってしまいます。それを自分が通っているジムで統一してくれて、入力まで管理されれば、継続性は格段に上がるのではないでしょうか。

24時間のセルフサービスジムが増えていますが、初心者が行っても何をしてよいのかわからないので、ある程度経験のある中級者以上でないと継続的に利用するのは難しいのではないかと思います。
フィットネスは伸びている印象があるものの、ヨガやクラブのような切り口でのエクササイズなど、多様化していて1つの業態で見ると競争環境はなかなか楽ではないという話を伺ったことがあります。
記事中に「幽霊会員が増えても収益が保たれるから問題ないのでは?」というような質問がありますが、幽霊会員はチャーレートも当然高くなるわけで、フィードバックなどの仕組みをICTで構築して利用率を高めるのはビジネス観点でも本質的な部分だと思います。
あるご支援先で課題になったのが、何をもって健康か?の定量データがトレーナーの属人性に依存している事でした。本気で健康にコミットするならICT活用は前提だなと実感しました。
ヘルスケアデータ、フィットネスデータ、医療データなどは一元管理できたら便利。テクノロジーより事業連携により顧客体験を上げられる余地が大きいと考えています。
ICTそれ自体がジム通いのモチベーションにはならないような。手前の周囲をみても、レズミルズ・プログラムやズンバ等のコンテンツと、インストラクターやジム友とのリレーションがまずありきで、その機会最大化ためにコナミのスタジオ予約参加システムやジェクサーのPolarシステムが活用されているように思います。
運動と医療費・介護費の関連がデータとして示されれば医療政策の後押し(このデータを達成したら保険料の一部をキャッシュバックなど)を受けてフィットネスクラブは爆発的に普及して客観的なデータを示せた企業が大勝ちする気がします。
例えば美容院やファッションも、確かに一顧客としてはヒトで選んでいることを考えると、ヘルスケアも同じことが言えるのかもしれません。

黒澤さんとNagataさんのコメントが勉強になりました。

まさにいつどこで何をしたという体のGPSのようなシームレスな一元管理ができれば。

そして予防や健康増進がインセンティブとなるような制度が必要と考えられます。
健康度の定量化が鍵になると思います。実は我々も研究を検討していたり(もごもご。。。)
メガロス (MEGALOS) は、野村不動産ライフ&スポーツ株式会社が企画開発と運営を手掛けるフィットネスクラブ。野村不動産グループの一員。 ウィキペディア

業績

野村不動産ホールディングス株式会社(のむらふどうさんホールディングス)は、傘下に野村不動産株式会社などを持つ持株会社。野村ホールディングス系、野村土地建物株式会社の関連会社。 ウィキペディア
時価総額
5,060 億円

業績