新着Pick
647Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
社会における大学というのは進学率15%までのエリート段階、50%までのマス段階、そして進学率50%を超えたユニバーサルアクセス段階の3段階で語られます。そしてアメリカをはじめ多くの国においては、ユニバーサルアクセスに入っています。この段階は高等教育はエリートのものでなく、一般公衆のものとされています。

なので、その枠組みで際立つ能力を持つ人に大学が果たしてアジャストする教育なのかと言えば、むしろ足枷になることもあるでしょう。重要なのは、高校卒業後の先は大学と無意識に向かうのではなく、選択肢は複数あり、時に大学という選択肢が適さないこともあるという自覚を持つことかと。特に大学は教育をマス化していますから、突き抜けた人材に対して同調性を求めることによる弊害もあります。

その振り切った選択肢こそがティール財団の示すものだと思います。なので彼が求める人材に対する大学不要論には納得感があります。

ちなみに冒頭の進学率によるモデルを提唱したのはマーチン・トロウですが、彼のモデルはこの3段階。高等教育の一般大衆化で終わっています。そろそろ次の段階が必要になっているのかもしれません。
このクレイジーすぎる奨学制度に興味をもったのは、イーサリアムの開発者であるビタリク・ブテリンも、このティール財団によって「大学を辞めて1000万円」という人生を辿ったからでした。何しろ米国でも超一流の大学を、ドロップアウトせよ!と進めているこのプロジェクトは、今でも賛否両論をつねに巻き起こしています。

シリコンバレーは、やはりテクノロジーによって世の中で消費されるプロダクトを設計して、それで大富豪が生まれまくっているエリアですから、本当の意味での教養をこの地域が担えるとはとても思えません。一方で米国の東海岸のエリート大学が、たしかに権威主義的でシステムも古くあまり変わってないのに、とてつもなく学費が高いのは事実。つまり唯一のゴールではないというティールの指摘も正しいように思えます。

そういえばMITに昨年行ったときに、「My son and money go to MIT」という、ジョークが書かれたTシャツが売られていましたが、ティール財団の話をしるにつけ、笑えないなあと思い出しました。
「大学教育を拒むのはまったく理にかなった決断だ」

ペイパルの共同創業者であるピーター・ティールがはじめた
20歳未満の学生に「大学をやめて起業する」ために資金を与える「ティール・フェローシップ」プログラム。

本当の教育とは何か、シリコンバレーの地で
キャリアパスにも変革を起こそうとしているのか、、そんな実験のようなこのプログラムは非常に興味深いものです。
大学教育を放棄し、スタートアップを創業しながら、自学自習は可能なのか、、私にはよくわかりませんが、野心を持つ10代の若者たちにとっては良い挑戦状になっているのではないでしょうか。

スライド形式でさくっとキャッチアップできますので、ぜひ多くの方にお読みいただけると嬉しいです!
イーサリアムのヴィタリックはご存知イッちゃってる天才、インドでOyoルームを創業しソフトバンクから100億円投資を引き出したリテシュは母国ではヒーローです。

ただしこのティール財団と、後半のジョブズ、ゲイツ、ザッカーバーグ以降のメガサクセス事例が異なるのが、彼らは大学生起業をし、そのなかで大なり小なり芽が出てきたので本格的に取り組むうちにドロップアウトしちゃった、というパタンであるのに対して、財団は退学を条件としている点です。つまり人工的にジョブズ以下のメガサクセスと同じ状況を作り出すという試みなのだと思います。

試みが成功を拡大再生産できるか、できるなら人類への貢献だと思いますが、財団生であるというお墨付きが得られる時点でその後の資金調達や事業活動にやや有利なのはアドバンテージだと思います。
昨日のニューヨークタイムズの記事と合わせて読むと大学の焦りを感じてしまいます。
【企業vs大学、過熱する「AI研究者」争奪戦】
https://newspicks.com/news/3033302
優秀な学生さんだけでなく、教員、研究者の確保も難しくなっているよう。学ぶとは何か、大学とは何か、今一度問われている様に思います。

それにしても大学を中退した方々が、今世の中に大きなインパクトを与えている企業を作ってきたことを考えると、ティール財団の若者達が世の中をまた変えていくのだろうと想像することしか出来ないです。しかも財団に集まることによって優秀な方々同士の交流もあるでしょうから、その交流が刺激になり、更なる力になりそうです。
ティール・フェローシップについては「20アンダー20」という本が詳しい。この本にも初期メンバーの多くが苦労している事が書かれているけど、イーサリアムを生んだブテリンやユニコーン企業の創業者も登場してきている。シリコンバレーではどんな名門大学に入るよりも、ティール・フェローシップに選ばれる事がステータスになる日も近いかも
ティール財団の「大学など行くな」は、「鶏よ、金の卵を産め」と言われているでもない気がしますが、ここまで突き抜けるのがすごい。

2012年の卒業生は、与えられた2年という時間に何かを達成しなくてはならないというプレッシャーに襲われ「カウントダウンを刻む時計の音がした」と表現しています。

ここまでスクリーニングして、選び抜いても、全員が経済的に成功しているというわけではないのも事実。そして、また今年も怒涛のように希望者が押し寄せているのも事実。この壮大な実験からどんなアイデア、ビジネスが生まれるのか恐ろしいようで楽しみでもあります。
安田さんの、社会における大学の分類の整理が助かる。ユニバーサルアクセスになった状態においては、飛び抜けた人材にとっては良い場ではないのだろう。
ただ、あくまで「飛び抜けている」という点。全員に当てはまるものでもないだろう。
それが正しい方向性。
アメリカの私立高校、大学に子供を送った親は「本当に学費分の価値はあるのだろうか?」って思っているはず。1000万円の下りはマーケティングも多分に入っていると思うが、本質的な質問は「大学の価値あるの?」だと思います。これを考えるのか、考えないのかでは大違い。ちきりんさんではないけれど、”自分の頭で考えよう”です。大学行きたきゃいけばいいし、やめたら辞めりゃいいだけ。ただ考えずに選んでいいの?っていう事かと。そしてその問いに答えを出すのは本人であって、周りの人ではないという事。
この連載について
孫正義がニッポンに散らばる異才たちを集めて、旧来の教育システムでは育てられなかった、天才たちを生み出そうというプロジェクトが始まった。NewsPicksはそこに集った合計20人以上の天才の卵たちにインタビューし、前代未聞の「天才工場」の舞台裏に迫った。