新着Pick
197Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
試合直後にでも、監督自らが非を認めて謝罪等の対応を迅速に取っていれば、名声もここまで汚れることなかったのに。。 今、日大でアメフトをしている学生たちが色眼鏡で見られてしまうリスクも防げたはず。。。 迅速対応の重要性を痛感できるケースです。
日大の学内調査では「事実関係」を解明できない。次期理事長候補で常務理事兼人事部長の内田監督の「証言」を追認する、名ばかりの調査だからだ。
直ちに外部の有識者からなる「調査委員会」を作り、内田監督、コーチ、加害学生、チームメートから事情を聴き、真相を明らかにすべきだ。
これまで内田氏は、自らの非を認めず(謝罪も記者会見もせず)、雲隠れしてきた。それが一転、関学大に詫びたからといって、何の解決にもならない。
内田監督とコーチは、加害学生に何と言い(どんな指示を出し)、周囲のたチームメートは、どう受け止めたのか。監督やコーチの日頃の「指導」や「言動」を含め調査しなければ、真相を摑めないでしょう。
本来、学生を守るべき監督が、学生に責任を押し付け、己の保身に走ることなどあり得ない。内田氏の雲隠れで「スポーツの日大」の看板は泥まみれ。内田監督だけでなく、コーチも総退陣すべきです。
それにしても「大学ナンバー2」の地位にある内田氏の責任は重い。常務理事兼人事部長を即刻辞任し、優に100万を超える日大在学生・OBに対しても陳謝すべきです。
監督の指示がなくあのような危険なラフプレーがあることは考え難いです。監督の指示がないとした上での謝罪の実効性は疑問です。
遅きに失するとはまさにこのこと。
自分の教え子を守ってあげなきゃ。責任者なんですから。その上での関係者への謝罪と進退でのけじめ。
日大の危機管理学部がどのような経緯で作られたのか調べると面白いですよ。
対応か後手に回ったのがよくわかります。

暴いたのはFACTAです。
昨日はすぐ隣の建物で行われている会見をAbema TVで見るというメディア研究的に面白い?状況でした.この「謝罪」のカードをなぜ最初に切れなかったのでしょうね.
最初から真摯に謝罪すればいいものを、誤魔化そうとするからあかん。
嘘をついたままの謝罪なんて何の意味もないよ。
謝罪は当然

必要なのは責任者の処分と再発防止策