新着Pick
441Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
大方いかがわしいサイトに登録したメアドとパスワードが流出したのだろう。パスワードを定期的に変えていれば問題はなさそうに思えるが、「企業や中央省庁のもの」というのが何とも。そういったサイトの登録に仕事用のものを使用したのだろうか。

追記:Sakakibara Noboruさんの投稿を読んで認識を改めました。早計でした。
2億件以上ということで軽く日本人の人口を上回るデータ。重複している内容も多いだろうし、数社の同じシステムから抜かれているようにも感じる。
販売された情報の内訳は個人や企業の従業員などのIDやパスワード、氏名のほか、住所、生年月日、年齢、携帯電話番号など多岐にわたるという。流出元も11~50件のウェブサイトと様々なようだ。
他の件にコメントしてほしいね。
まあ、まだ大学の人事権を持っている監督には楯突けないですかね。
この前、10億件の個人情報持ってる人いましたけど
「延べ」2億件。どれぐらい重複があるのかよく分かりませんが。

メルアドだけなら、闇サイトだけでなくて、合法的な名簿屋さんでもいろいろ売られていますが、パスワードまで出回ると面倒です。すでに出回っている他のデータと照合させる「名寄せ」の可能性があるからです。

パスワードを使い回している人は、特に要注意ですね。
もしかして、日本の全ネット民に連絡ができるんじゃないか。
このうちどれくらいが本当のデータ化を確認しないとですよね。闇サイトだけに捏造したデータの可能性もありますし。

いずれにしろ、不正使用、不正アクセスされる可能性があるとした上で諸々使わないといけないですね。。。
パスワードもセットで販売とは!?
そして、2億件。

「2億件に上るIDやパスワード、メールアドレスなどのセット」
「過去に国内の通販サイトやオンラインゲームなどから漏えいしたデータを集めて販売していると見られて」いるそうです。