新着Pick
593Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本でキャッシュレスが進まないのはATMを筆頭として高度で緻密な現金インフラがあるからであり、キャッシュレス化が進む国では元々そうしたインフラが貧相だったという逆説的な部分があります。特に1万円札の取引量は右肩上がりです。

元々増えていた1万円札はマイナンバー導入以降さらに増え、脱税目的の保有も増えていると言われますのでそのあたりに廃止の動機はありそうですが、インフラや歴史が厚いだけに段階的な議論を踏まえる必要はありそうです。銀行店舗網やATMが貧弱な国ほど携帯電話などの通信網を通じて思い切った一手に出やすいという事情があります。
ケネス・ロゴフ氏にインタビューしました。

日本を含め、世界には「どこにあるかわからない現金」が大量にあるというお話、最初はピンと来なかったのですが、

通貨流通高を考えると、日本では1人あたり約85万円を「現金」で持っていなければいけない計算になると知ってびっくり。そんな大金を家にまるっと置いている家庭が一般的だとは思えません。

現金に代わる決済手段の話も出てきますが、個人的にはタッチするだけで支払いが済む「非接触型」が好きです。
現金はなぜ愛されているか、その理由は「匿名性」と「即時決済」だとロゴフ教授は述べています。しかしその「即時決済」の優位性は落ちてきています。

小売り業界やATM、企業の保有する現金をあわせても、日本に出回っている現金の総量の2割にも満たないそうです。

そのロゴフ氏が「1万円札を廃止せよ」という理由について、徹底的に聞きました。岡記者によるインタビューをお送りします。
「──なぜ日本では「キャッシュレス化」が進まないのだと思いますか。
インフレ率が低いことが一つの原因だと思います。
「高齢社会」であることも一因です。」(記事引用)

日本が現金社会である理由の奥深いところに、日本文化の身体性があると思う。印鑑はその象徴。日本語に擬声語(擬音語、擬態語)が多いのも、身体性(五感)を使って世界を把握しているからではないか。現金の見た目、手触り、使用感、財布に入れる感覚など、無意識の身体性に親しみと信頼を置く文化では、デジタル化・キャッシュレス化は、現金に置き換わる「信用」(貨幣的)を身体的に実感できるものが登場することで、一気に進むのではないだろうか。
「お金とは、宗教である」という本質をわからないと、こういう議論になる。なにも紙幣を使え、というつもりは、さらさらないし、私自身、仮想通貨ですべての決済ができれば楽なのに・・・と思う。しかし紙幣から象徴が奪われると、失われるのは、「信用」であるということを分かっていない。利便性を追いかけると、結果、自分自身が便利かどうかで、判断されることになる。それを「核心」というなんて、ああ悲しい。
地下経済をなくすために高額紙幣を廃止するというのは、一つの考え方だと思います。同時に、金融資産と実物資産にマイナンバー割り当てを義務付ければ、さらに効果が高まります。
マイクロチップを紙幣に埋め込みましょう.厚さは10マイクロメートルもないはず.紙幣1枚1枚がどいういう経路を経て来たのか(トレース)が記録され,またどこにあるのか分からない現金を発見できたり(泥棒に見つかってしまう?),電子化されて価値を移動させたり,いろいろ面白そう.

ちなみに,表紙の写真のように紙幣を燃やしても,直ちに罪にならないとのこと.「行列の出来る法律相談所」
http://www.ntv.co.jp/horitsu/20070311/1-2.html
ぼくも5000円札も1万円札も廃止するべきだと思う。しかも、この記事にあるように「徐々に」ではない。即刻廃止するべきだ。そのやり方は簡単だ。デノミをすればよいのだ。100円を新1円にするのだ。円の下に銭を復活させる。当たり前だが、自動的に5000円札以上はなくなる。

地下経済に蓄積されている富をあぶり出す最高の方法だ。ドンファン的な人もデノミ移行期間内(5年で十分だ)に銀行に旧札を持ち込む必要が出てくる。新旧札交換の上限を10万円とし、それ以上は銀行口座への振込に限定する。普通の企業はそれが日常だ。一般人は手持ちの旧札を5年以内に使えばいいだけ。しかし、地下経済の人々は完全にあぶり出されるだろう。5年以降は交換に応じないとするだけでよい。

同時に国内に莫大な需要が生まれる。すべての金銭にまつわるプログラムの改定を生み出すからだ。それを機会に基幹システムを見直す会社も出てくるだろう。内需の拡大が見込める。

商品の値付けにおいても、98銭は1円になる可能性が高い。心理的に銭の価値観は円の価値観とは違うからだ。結果的に旧1円玉=新1銭玉の利用は減るであろう。それ以上にデノミを契機に電子マネーへの移行は進むだろう。

まあ「おっさん」政治家・経済人たちはやらないなw Newspicksの「おっさん」撲滅運動に期待したい!
徐々に。5-7年で対応しきれるような金融政策はどのようなものがあるだろうか。高齢化社会で1万円を廃止するのは無理がありそう。タンス貯金の1万円の束が無価値になればおばさまたちが怒り狂いそうですね。ポリテックの話でもあったように、キャッシュレスで支払った場合のみ数%割引(あるいは減税)など、ある程度の推奨政策は制度移行の際には有効なのだと思う。


あと日本の裏金流通量が表面上の流通量に比べ推算2-3倍程度あることにも、スイスの現金率が日本よりも2回りくらい多いのには驚きました。
確かにアメリカで生活すると、最大でも$20の紙幣しか利用しませんし、流通もしていません。日本の銀行などで換金すると平気で$50や$100を混ぜ込まれますが、現地で使おうとするとお釣りが無いと言われるか、偽札でないかと疑われるか。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。