新着Pick
465Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
時間の管理や本業との兼ね合いが難しく、結局副業をやめてしまう人が多いようです。副業と一口に言っても、片手間でできるものなのか、本業と同じくらいのエネルギーを注がなければいけないものなのか、色々だと思います。副業で強いストレスを抱えてしまう人もいるようです。
【「副業2.0うつ」を防ぐ5つの方法】
https://newspicks.com/news/3004339
身も蓋もない言い方かもしれませんが、副業、複業、兼業がうまくいく人は本業でも良い成績を出していると思います。逆に言えば、本業で結果が出せない人は、副業、複業、兼業をやってもうまくいかない可能性が高いのではないかというのが僕の経験上言えることです。
副業は我慢の対価が給与だと思っている人には難しいと思う
フリーランス等も仕事の受け方、コントロールが肝です。
時間のやりくりも経験。

フルタイム+副業の場合は副業の時間が限られるので選択肢は狭まります。
本業に裁量があり勤務日数が週3、4など柔軟になれば、副業も幅が広がる。
共働きといってもほとんどがパートというのと同様に、単に収入補てんのための副業に何の意味があるのかわかりません。副業ではなく、複業としてとらえることは自分の中の多様性と可能性を生み出すこと。複業をしたことで、今まで見えなかった本業の楽しさに気付き、本業一本に戻ったとしても、それはそれでいいことです。
アルバイトがダントツなんですね・・・。
やはり金銭が目的(お小遣い、減らされた残業代分)で“稼がなきゃいけない”と思ってやる副業は使命感がないので続けるインセンティブがないから難しいですね。

ニュースの見出しとしては「55%も辞めたんだ!」とキャッチーでそれ自体はニュースではありますが、そもそも副業ってなんなんだっけ?ということを改めて考えるいいきっかけになってくれるといいなと思います。
企業内副業とか身近なところからやるといい。
副業はそもそも、好きとか使命感ないと、まず続かない。
副業のネックで最多であがっている
『時間管理』について、そもそもそれができてこその副業なので、それをネックに感じる人は副業はそもそも向いていない。
自分の会社の中でしか付加価値を出せない。雇用の流動化が始まれば真っ先に困るだろう
エン・ジャパン株式会社(英語: en-japan inc.)は、東京都新宿区に本社を置く日本の企業。求人情報メディア・人材紹介サービス等の運営を行なっている。 ウィキペディア
時価総額
2,352 億円

業績