新着Pick
134Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ここには書かれていませんが、研究所に勤める研究者でも自ら起業してる人もいます。シリアルアントレプレナーの方も。記事に出てくるアレン人工知能研究所所長のオレンさんには昨年末にシアトルでお会いしましたが、彼も起業家。

この記事の内容、最近どこかで読んだなと思ったらNYTの記事ですね。英文記事を読んでいて「日本語訳されてもっと多くの人にシェアされれば良いのに」と思う時があるので、とても有用だと思います。
AIに関しては頭脳の独占禁止法でも作らないと、巨大IT企業に全部持っていかれてしまう。うちのようなAIスタートアップにとっては辛い事態だ。そんな中Andrew.Ngスタンフォード准教授が後進の育成の為すばらしいon-line講義”Deeplearning.ai"を立ち上げている。これを修了すれば最先端の技術を網羅的にマスターできる。ビデオだけならyoutubeで無料で見れる。ぜひ多くの日本人にも挑戦してもらいたい。実際先月このコースを修了したばかりの私が申し上げます。もしあなたがこのコースを修了すれば、その後の人生は変わっていくと思います。それぐらいインパクトのある素晴らしいものです。チャレンジしてみて下さい!

https://www.youtube.com/channel/UCcIXc5mJsHVYTZR1maL5l9w/videos

https://www.coursera.org/account/accomplishments/specialization/certificate/Z6HSEKLKZNTG
色々考えさせられる記事。

技術が社会で使われることも重要だし、社会で使われる技術を生むためには教育が重要。一方で、個々人の生活として報酬も重要。
企業・人のミクロでの合理性の追求が、マクロでのバランスを崩しているのかもしれない。一方で、人によって「ミクロでの合理性」は違い、非営利であることを選ぶ人もいる。結局、個々人の違いと「人財市場」の市場機能によって、全体では一定のバランスが取れているのかもしれないとも思う。

ひとつ思うのは、企業が大きくなれば、広く使われた方がいい基礎技術の研究及び普及を、社会的責任としてやっていくことが求められるのだろうということ。
伝統的にはPARC(Xeroxのパロアルト研究所)もその一つだろう。企業の資金を使いつつ、でも企業のビジネスにすべてが直結しているわけではないので、適度なバランスだと思う。
大学の先生も規約的にも社会的にも起業できるような環境整備が必要だと思う。

確かに、一般的な税金による競争資金と自身の会社の運営には研究成果や特許の関係で利益相反が生じる可能性があり少々倫理的にも複雑となることがしばし問題となる。

けれども、開発フェーズのやり取り、例えばサイエンス(新たな学理発見)からエンジニアリング(最適化)、さらにはそれらの試作品の作製、最終的な製品化までをよりスムーズにすること、つまり、従来から言われている地獄の谷を越えるためには、同一脳がマネジメントした創造サイクルの画一化、加速化が必要があるかと思う。

つまるところ、大学教員の起業を推奨するような制度をつくってほしい。落合先生のような画期的頭脳と膨大なリスクを取れるような人はあまりいないことも事実。
こういうダイナミックな人材争奪戦は、日本ではなかなか起きないような印象をもっています。高額給与で引き抜き合戦が発生すれば、日本の学生たちのAI研究志望者は急増するはずですし、学部・大学院の定員拡大ということも生じるでしょう。本来は、プロスポーツ選手の世界に近いのではないか、と思います。日本はそれに対応した給与や雇用制度になっていないんでしょうね。
中国でも同じ現象が出ている。
ある研究所の話では博士課程を出たばかりの学生にも年棒500万円以上の給料を出している。
5G関連の研究をした人も重宝されている。
プログラマ不足の次はAI研究者不足?
この連載について
世界のクオリティメディアの記事をNewsPicks編集部が厳選し配信します。
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
62.4 兆円

業績