新着Pick
30Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
現時点では確かに警戒レベルは最高度の「レッド」ではあるものの、火山灰が広い範囲には広がっておらず、北東の貿易風に流されてハワイ島の南西部に火山灰が予報されている程度です。
今後2週間程度は引き続き太平洋高気圧の縁の貿易風が吹く場が続くため、オアフ島などハワイ島以外の島に火山灰が影響する可能性は低いと考えてよさそうです。

ハワイ諸島には貿易風が入って過ごしやすい時と、貿易風が弱まり南西よりの風が吹くコナ・ウィンドの時があります。現地ではコナ・ウィンドの時には火山からの火山灰と水分が結びついて視界を悪くする(Volcanic AshとFogを合わせ、造語でVogと呼んでいます)と言われているようです。
ただし航空機の運航に支障が出るほどの高い濃度の火山灰ではなく、日本でいえば中国大陸からのPM2.5で大騒ぎしているようなものです。
キラウエア火山の噴火、航空機にも影響が出る恐れがあります。この噴火でこれまでに40近い建物に被害が出ていて、付近の方の不安とストレスも大きくなっていると思います。
ムスメたちテレビのニュースをみて 「Te Ka ! Te Ka!」といってます。。。

https://goo.gl/images/4aPhGw