新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

435Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
異次元すぎて面白い。

MITで研究している末岡さんは、世界中の猛者たちが集まる「国際生物オリンピック」を勝ち上がった、2015年のゴールドメダリストの異才です。記事にも書いてあるのですが、その試験内容というのも半端じゃない難易度で、しかも面白くて、なんだか笑いが止まらなくなってしまいました。

現在は遺伝子などをいじるMITの分子生物学の権威の下で、赤血球をカスタム(正しい表現か分かりませんが汗)して、ガン細胞などを制圧することを目標とする最先端の研究をしています。その詳細なしくみは分からずとも、生物とテクノロジーを掛け合わせた交差点で、彼が新しいチャレンジをしようとしている雰囲気はひしひしと感じました。

素晴らしいなと感じたのは、社会学や哲学などを採り入れたクロスオーバーの視点で、もっと生物を理解しようと考えていること。こういう若き異才たちが、10年後、20年後、どんなイノベーションを起こしているのか、今からものすごく楽しみです。
こういう人を知ると、自分がいかに平凡なのか、そして正直、かっこいいな素敵だないいなと思う。
でも自分が少し大人になったと感じるのは、その「羨望」の先にあるのが「嫉妬」ではなくなったこと。自分はこうなれないから、生み出せる選択肢の中から、素敵に生きていこうという「自分なりの決意」をできるようになった。
5年前にこの記事読んでたら、きつかったなあ。
こんなテストあるんだ、、と驚きつつ少し笑ってしまいました。生物学を超えた知識を掛け合わせていくことを考えているのがすごくおもしろい
国際生物オリンピックなるものがあったのを初めて知りましたし、その出題がまたなんというか、テレビチャンピオンを何周もさせたような異次元の内容で面白いというかなんというか。

さかなくんも相当にすごい人だと思うし天才ではあると思うのですが、末岡さんはなんと形容してよいのかわからないくらい異次元です。
修士時代私もDNAを好きなところで切断する技術を開発していましたが、この分野はCRISPR-Cas9の登場で大きく様変わりし、遺伝子の組み換え実験が非常に容易になりました。
IT業界に例えると、ディープラーニング技術が生まれたようなものです。
今後も様々な遺伝子組み換え細胞が作られるでしょう。

また、テクノロジーだけでは世界は変えられないので、社会科学や実社会での様々なステークホルダーのインセンティブ構造を学ぶことは非常に重要であり、こういう才能を持った方が広い視野を持つのはとてもいいことですね。
今後が非常に楽しみです。
上野動物園や多摩動物園というレジャーから興味関心が育ち、結果、天才へと成長する素晴らしい流れ!遊びが学びで、学びは遊びですね。遊びの会社を経営する身からすると感無量です 笑。
うちの子も上野動物園とアクアパーク品川にはよくよく行ってるので、たくましく成長してくれることを祈ります!
法学部で入ったものの、生物のことを勉強したくて理学部生物科学科に転学部しました。末岡さんとは比べ物にならない脳みそですが、生物学にワクワクするという気持ちはすごくよくわかります、久しぶりに解剖したくなりました(笑)
Cas9の発見で、様々なことができるようになった分子生物学。
がんの転移を抑えるこの手法は、面白い。実現するには何が必要なのだろう?

ちなみに、人間を始め多くの生き物は、発生(受精卵が胚となり、胎児となる)過程において、進化の過程を再現していると言われているのが進化の不思議でもあり、私は好きです。
もっともっと、生物学の未来ついて、お話を聞きたい。
面白い研究だな。もうちょっと深く知りたい。

MIT、ハーバード、プリンストンの3択なら理系はやはりMIT。このブランド力。


そしてここでもCRISPR-Cas9。やっぱり偉大。

ジカ熱を防ぐためには長袖もいいんですが虫よけをちゃんと塗ることで対応できたはず。流石にあの時期のブラジルで長袖は暑い。。。
赤血球が白血球の働きをしてくれる!凄い!
白血球は免疫力が低下するとその機能が落ちますが、赤血球がそこも補完してくれるなんて、夢のよう!
研究の成功を伝えるニュースが出てくることを心待にしております!
好奇心と行動力の塊!
この連載について
孫正義がニッポンに散らばる異才たちを集めて、旧来の教育システムでは育てられなかった、天才たちを生み出そうというプロジェクトが始まった。NewsPicksはそこに集った合計20人以上の天才の卵たちにインタビューし、前代未聞の「天才工場」の舞台裏に迫った。