新着Pick
264Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ぶっちゃけ売って欲しい。日本勢とかでまとまられるとマジ困る笑
精神論や願望ではなく、冷静に判断した方がいい。Googleがディープラーニングによって翻訳の精度向上に力を入れ出したのは2016年末と言われているが、その時点ではNICTは遅れをとっていた。以降、先行していたNICTのVoiceTraは、Google翻訳に精度で並ばれることとなる。

特許などニッチな分野も手がけているので、そちらでの活用を図った方がよいのではないか。あるいは、本気で「覇権」などと言うのであれば、欧州のGDPR並みに、日本語のデータ活用について制限をかけるくらいが必要だが、現状、そこまでの戦略はないはず。
Let's learn from the past...
必要なのはマーケティング力ではなく事業創出力では?この記事だけではダメな匂いしかしない。
日本語はグローバルニッチ
でも外国語が苦手になりがちの日本だからこそ、言語の情報支援の分野で世界一を取ってほしいとも思う。
間違いなくGoogle翻訳がすぐ超えていくのでは…と思いますが。
日本は2020年にオリパラがあるので、我々も Translator の日本語化対応の優先度は高いですが、対応している技術者と話していると日本語対応はやはり他の言語と比べるとかなり大変なようです。

医療機関で良く使われているアドバンストメディアさんの”AmiVoice”は非常に精度が高いですよね。

我々の Translator は、元々 SMT(Statistical Machine Translation)と呼ばれる統計的機械翻訳技術を使っていましたが、2016年11月にその翻訳エンジンをニューラルネットワークベースに完全移行し、精度が格段に変わりました。
ぼくが役所に入って最初に手がけたのが自動翻訳電話を世界に先駆けて開発するプロジェクトでした。以来30数年、ここまで来た。国主導で始まって大成果を上げた稀有な事例。ただ、こうなると、今度は展開力やマーケティング力など経営戦略が大事な段階。戦略お間違えなきよう。
ディープラーニングのフロントランナーは、どう考えてもGoogle。
日常会話に適応する音声翻訳機器も、Googleなら2020に間に合う気がする。
マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発・販売する会社である。1975年4月4日にビル・ゲイツとポール・アレンらによって設立された。 ウィキペディア
時価総額
93.6 兆円

業績

Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア