新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

1417Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
広告を見る代わりに、無料で車移動ができる。5月頭にこのプロジェクトを目にしてから、気になっていました。

広告を流すディスプレイがついたタクシーなら、今も走っています。
広告を打つだけで、運賃分を賄えるのか?そもそも乗客は広告を見てくれるのか?吉田氏に率直に疑問をぶつけました。

土曜のクラウドファンディングもリアルタイムで見守っていましたが、5分しないうちに5000万円集まり、見間違いではないかと何度か桁を数え直したのを覚えています。
クラウドファンディング前の最初の報道の時にもコメントしましたが、やはり広告と言うよりは飲食店や小売店へのダイレクトな送客を狙っている感じがします。
まずは福岡市内で実験するとの事。
ただ、そうだったとしても広告を見ただけで1,000円と言うのはさすがにお店からの理解が得られると思いません。1送客あたり1,000円とかであればまだ可能性はありそう。
よく海外でタクシーに乗るとお勧めの店をドライバーが勧めてくることがあります。彼らは確実にお店からバックをもらっている。それと同じことを狙っている印象です。
そう考えるとメインターゲットは地元の人と言うよりも観光客になってくる可能性があります。特に海外からの観光客。収益性だけで言えばそこに特化した方が見込めそうですね。
そういう意味でも福岡は最初の場所として良いセレクトだと思います。
それと、こういうユーザーが注目している時の人の詳細なインタビューをすぐ流してくれるのはニュースピックス顧客対応的にすばらしいですね。笑
運転手さん空席のある店に連れてって! がしたい.
恐らく吉田さんならクラウドファンディングじゃなくても5000万円くらい調達できたでしょうが、今回クラファンにしては大きめな金額を短時間で集めたことで認知度が大きく高まったんでこれも狙い通りと言う感じではないでしょうか。クラファンで集まらなくてもVCに行けばいいので。

そして携帯アプリがあることで顧客をターゲットできるという発想はすばらしいと思います。アプリがあると携帯の使い方をトラックできる度合いが各段に増すのもUber使って感じます。普通にタクシー乗っていても取れない情報がたくさんある。ターゲティングと広告の効果測定の両方に使うようですが、効果測定の中でタクシーへの乗車がアクションのきっかけになったことをどう説得するかはチャレンジですが勝算あるんでしょうね。

ターゲットを絞ると単価が上げられるのは理論的にはそうなんですが、単価があがりすぎて結局ターゲティングしないで広く薄く低単価でばらまいた方が広告効果がたかかったりするので、1ルック1000円まで行けるのか、吉田さんの仮説がどうなるか楽しみです。
気になっていたプロジェクトでこんなに早く直撃インタビューが出るとは・・・NPさんやっぱりすごいですね。

個人的に気になる点は3つ。

①前から気になっていた法規制。インタビューでも言及があり嬉しいです。
以前もコメントしましたが、福岡でストップがかかった「みんなのウーバー」のときは、事業者側は無償なので道路交通法の規制は適用されないと判断したが、国土交通省は有償性が認められるとして禁止としたとのこと。
https://www.mc-law.jp/kigyohomu/17908

ドライバーが収入を得られるかどうかが一つの争点で、今回はわからないものの、広告収入を得てドライバーに還元しないというのは無い気がするので黒に近いグレーには見えます。
でも、これくらい思い切ったことをやっていかないと変わらないですし、飲食店や自治体をはじめ支持する人が増えてくれば、通るような気もします。

②車とドライバーをどうするか。
白タクモデルなのか、既存のタクシー会社をロールアップするのか、自らがタクシー会社のように振る舞うのか。個人的には2番目のモデルで、経営が苦しいタクシー会社に追加の収入をもたらすサービスとして入るのが現実的に思えます。

③やっぱり稼げるかどうか。
ターゲティング広告以外にも様々なアイデアがあるでしょうし、実験しながらいろいろなモデルも出てくるでしょうから、ここは引き続き楽しみにしています。
とにかく川鍋さん邪魔しないでほしい。
話題になっているノモック(nommoc)のケースだが、マネタイズの算段含めてここまで話しているものはないと思う。こういうインタビューがPicksに出てくるのが嬉しい。
これだけの行動力をもって臨まれているのは、ただただスゴイ。

とはいえ、個人的には厳しいかなぁと思う。
何かというと、移動のために使いたくて、課金がそこに紐づいていないように見える。逆に、送客といった観点で紐づけられるものであれば、需要層を選ぶ。個人に紐づくものという点では、スマホに情報がたまっているから一定できていて、そのなかでリアルで一定時間広告を出せるというところで1000円単位の出稿費を遡及できるだろうか?(その間にもユーザーはスマホを見る権利はあるわけで)
https://newspicks.com/news/3008094
車内で広告見ないという意見もあるが、
それはあくまで表層的なサービスであって
これ自体がもってる可能性は決してそれに
限らずではないかと思う。

とにかくチャレンジしなければ未来は変わらない!
行動は誰にでもできる錬金術。
未来が変わる。世界が変わる。
行く末が非常に楽しみです!
興味深い内容です.趣味趣向を含む個人情報を渡すと引き換えに無料のサービスを受けるという点について,プライバシーに関する敷居が低いのは,若者,デジタルネイティブの特徴なのでしょうね.アイデア自体は以前からあるわけで,それを実行に移そうとしているところは凄いです.
「車のIT化 車内で動画広告も?」
https://newspicks.com/news/2841964

気になる点をいくつか.
1. ディスプレイがこれだけのサイズになると重いですし,電力も食います.車の燃費に影響はないのでしょうか.
2. 一人でなく複数人で乗るとき,自分の趣味趣向が同乗者に知られるのが嫌なときがあります.
3. 従来,タクシーは旅客に対するビジネスでした.しかし,このモデルは広告主である企業に対するビジネスが中心です.心配なのは,肝心な旅客サービスがおろそかにならないかということ.運転に対する評価とそれをフィードバックするシステムを入れていかないといけないと思います.
4. 「パーソライズド広告」は流行です.広告の増加にともなって,私たちは広告を遮断することが上手くなってきました.録画されたTV番組を見るとき,CMをスキップするように.このシステムを回避しようとする試みが必ず出てくるはずです.
5. 増加する「パーソライズド広告」に対して,1つひとつの広告の価値が,どんどん下落していってます.今後,この広告ビジネスはどこかで天井を打って,収益が思ったほどあがらない可能性があります.
話題の起業家を直撃しました。岡記者によるインタビューです。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。