新着Pick
1333Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
メルカリはある意味では、日本のネット産業における3番目の転換剤、節目となる会社になったのかもしれない。
ヤフージャパン、楽天、そしてメルカリである。
1社目のYJは言うまでもなく、日本に「インターネットユーザーがいない時代」を「いる時代」に変えた会社であり、
楽天は日本に「ネットショッピングが存在しない時代」を「存在する時代」に変えた会社であるが、
メルカリは、売る人と買う人に二分されていた時代を、万人が売りも買いもするする時代、に変えてしまった会社として、である。

もちろん、これまでもオークションサイトもあれば、簡単なショッピングサイトツールはあった。
しかしやはり一定のプロ意識と努力が必要な行為である事には変わりはなく、コンビニにふらっと立ち寄るとか、ベッドに寝そべったままスマホをいじるような簡単さかと言えばそうではなかっただろう。
日常に溶け込むレベルで簡単に売ったり買ったりするインフラ。
メルカリが変えたのはこの点であろうと思う。

※GMO VenturePartners投資先13社目の上場となります
ついに!最高。本当に「世界の」メルカリになって欲しいし、なると思う。
さっき目論見書が送られてきた。海外オファリングもあるということで一安心。明日は読書タイムや。主幹事モルスタと大和証券。

国内と海外で半分ずつ。半分が既存株主の売り出し、半分が新株。
さて、上場してスピードアップできるか、そうじゃないのか正念場かもね。
有価証券届出書を見ていて思ったのが、海外事業に投資をしまくっているが結果が出ていない(少なくとも日本の過去DL数が同程度だったフェーズと流通総額が全く違う)。ただ、それ含めて開示をしているのはとても真摯だとも思った。

今日、下記の「ヤフーの痛恨のミス」で、ベンチャー立ち上げ・海外についての言及があった。
メルカリはそこを攻めている。今の数値の状況としては、少なくとも日本と同じ立ち上がり方をしていない。それだけ海外展開をするのは難しいものだし、日本で成功していて投資を続けているからいつかは必ず成功すると楽観的に捉えるべきものではないと思っている。
それでも、世界に強烈に投資している状況は明確に伺える。
https://newspicks.com/news/3023801

以下詳細。

①15ページの連結と17ページの国内事業を比較すると投資額が強烈。ただ最初から投資をガンガンかけている中で、国内ほどの立ち上がりができていないという見方もできるかもしれない。なお、コストの過半は日米ともに広告宣伝費。
差し引きをすると、下記のようになる。

【国内事業】
16年6月期 売上123億円・粗利115億円・営利31億円
17年6月期 売上213億円・粗利196億円・営利36億円
18年6月期(3Qまで)
売上246億円・粗利216億円・営業利益50億円

【海外事業】
16年6月期 売上0億円・粗利0億円・営損-31億円
17年6月期 売上8億円・粗利3億円・営損-63億円
18年6月期(3Qまで)
売上15億円・粗利0億円・営業損-69億円

②21ページに日米のDL数と流通総額が出ているが、日本についてはDLと流通総額が同じような伸びをしているのに対して、米国はDLはされているが流通につながっていない状況。DL数としては日本での2016年6月レベルになっているが、流通総額としては全然水準が違う。

③BS・CFが注目。資産サイドでは現預金が509億円、負債サイドでは未払金が241億円。CFを見ると赤字計上(それもキャッシュアウトを伴う広告宣伝費要因)しているが、営業CFは直近2期ともに90億円・64億円という黒字。何かというと未払金が増加をするので、流通総額が伸びる範囲では資金繰りが極めて楽になる構造。もちろん、資金としては負債性であることは重要なのだが…
メルカリの上場が正式に承認され、発表されたようですね。上場はあくまでもプロセスです。世界を目指して、ガンガンに突き進んで欲しいです。応援しています。(^^)/
まさかの本文2行記事(笑)
まあすぐに他記事に差し変わるでしょうが、ちゃんと東証に一の部が掲示されてますのでこちらで勉強しましょう。 http://www.jpx.co.jp/listing/stocks/new/
Congrats! グローバルにも戦えてて、米国だけではなく欧州諸国でも展開している点もさすがだと感じます。タイムリーに今日ニュースになってましたが、今後は盗難品や偽物の出品規制などが課題となってくるでしょうが、応援しております!あと、日本でもいくつかのスタートアップに出資したり、フリマアプリ以上のシェアビジネス、決済分野への多角化など日本のベンチャー界をリードしてきた存在。従業員の皆さんの平均年齢も30歳か!これからさらに楽しみです。
おお!おめでとうございます。
ちょうど、AERA with kidsという子育て雑誌で、小泉社長にインタビューしたばかり。たっぷり受けた愛情と、スポーツ(二人の弟が甲子園と花園に行っているというレベルのスポーツ一家)への没頭と、片道45分の田舎道を「たっぷりの道草」をしながら歩いて走って通った中で培った、イメージ力と人の心や本質が見える目。あふれる生命力が輝いていて、まだまだこれからの方だなと確信した。上場と聞いて、本当にいよいよこれからなんだなと思う。
ロイターの記事を見ると、想定仮条件は2200─2700円で、2700円で算出する時価総額はオーバーアロットメントによる売り出しを含めると最大3730億円、とのことです。
https://jp.reuters.com/article/mercari-ipo-idJPKCN1IF0MY
マザーズで3700億円規模となるとミクシィの2922億円を超えトップになります。そのあとをサイバーダイン、PKSHAテクノロジーが続きます。ちなみにユーザーベースは738億円です。メルカリへの期待の高さが伺えますね。