新着Pick
140Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
Weworkというと有名なリクルートのリボン図を思い出します。

コミュニティとして何らかの出会いを起こすためには「ベースとなる参加者」「興味の方向性などでの絞り込み」「マッチングするためのきっかけ」と言ったいくつかのポイントが必要になりますが、Weworkをブラジルでの体験だけで見るとどれも弱い。

ジャンルごと等に絞って、利用するための審査を通すなどをしないと、なかなか意味のあるマッチングを起こしにくいのですが、アメリカや日本ではコミュニティとしてうまくいっているんでしょうか?
記事にあるVia 57(①)や、あとはほかのプロジェクト(②)。
ちょっと奇抜ではあるが、線の使い方とか結構好きな感じ。
https://www.via57west.com/
https://www.designboom.com/tag/bjarke-ingels-group-big/
Googleのオフィスデザインを手がけるビャルケがWeWorkに参画して、さらに使いやすい空間設計が世界中展開されると思うと、そんなオフィスで働くのが楽しみになります! #wework