新着Pick
753Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本社会が諸外国より失敗に不寛容だ、という巷でよく聞く議論には前から違和感を持っています。

アジア諸国で仕事をし、シンガポールに家族と住んで子育てしている限り、日本より失敗寛容度が高いと思われる事象に、寡聞にして出くわした事はありません。

当社の投資先起業家にはドイツ人もアメリカ人も韓国人もいますが皆、失敗を避けるため毎日胃を痛め不眠や鬱と戦い仕事をしています。
子どもたちも、シンガポールでも米国でも優秀な学校で高等教育を受けるものは日々、足切りや肩たたきに戦々恐々しながら勉強しています。

失敗回避は元来人間が持つ本能であり当たり前で、そのような抽象的でナイーブな議論ではなく、例えば起業が少ない理由である新卒一括採用、年功序列の是否や、専門性の取得ではなく偏差値による序列付けが目的の教育システムや、多様性の欠如による国際競争力の欠如、など具体論で議論すべきと常々思っています。
孫正義の「天才工場」の取材で驚くのは、今回登場してくださったみずほFGの佐藤会長(財団理事)であったり、ノーベル賞学者の山中伸弥教授、将棋の羽生善治さんといった「超多忙」な人たちが、イベントや交流会の会場を普通に歩き回って、カジュアルに子どもたちとおしゃべりをしていることです。

中でも佐藤さんは、ベトナムで起業を決意した女子大学生のプレゼンテーションに深く感銘をうけて、丸の内にある本社に招いて助言やディスカッションまでしたとの話も聞いていました。それだけ、異才をもった子どもたちに魅入ってしまったのでしょう。

僕はそれで、さらに佐藤さんのファンになりました。

だから「わたしも起業をしたい」と佐藤さんがインタビューで話した時、これは冗談じゃないのではと感じました(笑)。これだけテクノロジーが社会を変えており、溢れる才能をもった子どもたちが登場していれば、なおさら燃えるはずです。
保育園の経営をされている方から、teachとeduceの違いについてのお話を聞きました。
teachは、知らないことを教えること。educeは、元々持っているものを引き出すこと。
その、両方のバランスが必要だ、というお話でした。
お箸の持ち方は、teachしないと身につかないし、天才たちのやりたいことは、educeしないと、腐っちゃう。

日本型教育の限界を指摘しない大人はnewspicks にいないんじゃないか、と思えるんですが、そろそろ、マス向けの現実解を見つけないと、僕の子供が小学生になってしまうので、焦っています。
そのとき、日本型教育は、teach偏重だったので、いかにeduceの要素を取り入れるかが、鍵なのかな、と思いました。

ちなみに、我が家の通わせている意識の高い保育園は、割とeduceしてくれていて、劇とかも、内容や振り付けは子供たちが決めます。とても、楽しそう。
でも、保護者と先生の懇談会では、保育園側は、educeの良さ説明ばかりして、teachはどうなってるんだ!とママさんが怒り狂う、という構図になっているな、と最近気がつきました。
こういうところに、まさに日本型教育の限界の理由があるな、と思っていて、やはり、自分の子供が天才だって思えないと、educeに寄った教育って、親は不安になるんじゃないかな。

僕はうちの子は天才だと思っているからあんまり気にならない。
「起業したくなった」、、、
孤立していた異才同士はもちろん、こうやって大人も混じって刺激し合えるこのコミュニティの魅力を改めて感じます。

なにより、互いを認め合ってメンバーたちの「居場所」になっていることが感動しますね。
「彼らがもがいている姿のほうが、私には印象的」そう話す佐藤さんの気持ちがとても伝わってきます。
仰ってることは全くその通りなんですが、「日本は失敗が許容されず、敗者復活できないのが問題だ」というなら、会社を潰した経験がある人にもみずほ銀行として人を見極めて積極的に融資をするとか、行員の評価を年功序列とか減点法を改めて失敗を許容する文化にするとか、まずやれることはいっぱいあるのにな、と思ってしまう自分はひねくれ者なんでしょうかね
'日本の教育は平均的な人を育てるシステムで、「出る杭」は打たれます。それが社会の基本的な通念でした。"
日本の教育システムの頂点にあるようなエリート中のエリートであるみずほ銀行のトップが財団に関わることは大きいと思います。
佐藤会長が、とても魅力的な経営者であることは、脇に置いておくとして、このインタビューは刮目して、読まなければいけない。日本にまだまだ異才が埋もれていること、その異才たちが海外に流出しようとしていること。安全保障も原子力政策もとても重要な国策だか、若い才能の芽を摘むことなく、大きく育てることも大切な国策だ。
こういう子達を囲いこむのではなく、既にインフラがある東大で、京大で、なんなら東工大で育てられるコースを作るべく寄付を行うとならないのが、産学の距離が遠い日本の見方によっては喜劇的でさえある悲劇。。
大人が若い世代に刺激を与えるのではなく、むしろもらっているという感じなのが印象的。老若男女、居場所があって「格好いい」生き方ができる社会はとても良いと思う。そして、佐藤さんの起業も是非見たい!
オールオアナッシングではなく、ゆるくマルチに仕事をすることの重要性。若いとか年齢関係なく、それこそ何歳からでも複業をやれる環境が大事だと思います。
労働力人口が減ると言っている人がいるけど、「まずやってみる」ができないで働いていない現役世代が2200万人もいる。働きたいのに働き場のない高齢者も1000万人以上いる(無業高齢者全体は2400万人いる)。こんな勿体ないことはないんです。
この連載について
孫正義がニッポンに散らばる異才たちを集めて、旧来の教育システムでは育てられなかった、天才たちを生み出そうというプロジェクトが始まった。NewsPicksはそこに集った合計20人以上の天才の卵たちにインタビューし、前代未聞の「天才工場」の舞台裏に迫った。
株式会社みずほフィナンシャルグループ(英語: Mizuho Financial Group, Inc.、略称:MHFG)は、東京都千代田区に本社を置く日本の銀行持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
4.33 兆円

業績

ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
8.90 兆円

業績