新着Pick
1550Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
「超難関なクイズ番組の優勝者にコンタクトして、孫さんが汐留にあるソフトバンクで面接していた」。

この話を初めてインタビューで聞いた時に、ソフトバンクの創業者である孫正義が、なぜそこまで異才たちに会いたいのか、そしてサポートしたいのか興味を惹かれました。その結果、日本や米国で「天才工場」に集められた子どもたち15人以上にすでにインタビューをしています。

今日から7日間にかけて、プログラマー、ハッカー、語学の天才、サイエンティスト、医者の卵など、性別も年齢も興味分野もまったく違う、孫チルドレンたちのライフストーリーも紹介していきます。

中学校までは「教師になるのが夢だった」という孫さんは、いまどのような才能を開花させたいとおもっているのでしょうか。日本の教育システムのあり方や、新しい時代をつくる起業家たちがどこから生まれるのかを考える上でも、大変おもしろい取材です。
孫さんの魅力がこれでもか!というくらい溢れてる記事。

まさしく「私は人事を担当しているので、最初はちょっとだけ期待もあったんです。」ということを考えながら読んでましたが、そんなちっちゃいことではないことがよくわかります。

素晴らしい、というより他ないです。
私費で子どもたちの活動をサポートする、交流の場を作るというのはこれからミニマムな形であちこちで広がって行きそうに思います。そのためにはこうしたモデルとなるすごい例が励みになることでしょう。
ここ数十年は教育費というのはあくまでも自分の子を塾に行かせ、私立学校に進学させ、大学の学費を払うためにかなりの額を個々人が負担していましたが、そのやり方はこれからの少子高齢化の時代ではあまりふさわしくないように思います。

今年からより本格的に、我々のNPOでも古民家を使った子育て支援拠点事業を拡充させて行きます。(まさに今日が市役所へのプレゼンの日!)
妻がやっている寺子屋的な学習支援も地元一橋大生などに手伝ってもらっていますが、より闊達な広がりを生めばさらに楽しそうです。

「優秀な子」だけではなく、これからの社会を担う子どもたちを、大人たちが私心なく支える姿勢を示すことがこれからの社会にとって足腰を鍛えこととなると思います
真の天才は辺境で生まれる。実は数オリや物理オリも所詮は既存の問題を複雑にしたりエキセントリックに仕立てた問題であり、全く新しい物を生み出す創造性を計るものではない。日本のノーベル賞受賞者もほとんどが地方優良公立高校出身で、灘高や開成などの超進学校出身は野依先生のみ(※)。と、岡村さんに喧嘩を売ってみる(笑)

とはいえ、日本の受験教育のトップをその延長線上の東大理IIIに流すのではなく、孫正義育英財団というアプローチは興味深い。ティールフェローシップのように選出された学生は東大理IIIを強制退学という条件をつけると、天才色がより色濃くなると思う。

【※】日本人ノーベル賞受賞者の出身高校・大学
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/3934.html
読んでいるだけでわくわくする記事。

予告編を見た時には、少しお金を持っていれば簡単にできそうなことに見えてしまいますが、いままでこういうものってなかったんだろうか、という疑問がわいていました。

ただ、この記事を見て、孫さんという人が直接コミットしていることから全然違う「場」を提供できるんだろうなと思うようになりました。スプリントの買収交渉している最中にクイズ番組なんてみないですよ、しかも録画して。

ここからどんな天才が出てくるのか、今後の連載も楽しみです。
これはとてもいい。
日本でも飛び級認めてしまえばいいと思うんですよね。途中にあった中学の中では疎外感を感じてしまっている子とか、もっと自分にあった環境に早く身を置けるようになるので。
10兆円のビジョンファンドを立ち上げ運用する一方で、天才を発掘する。しかも私財でソフトバンクとは関係ない財団で。

社会のためとかいうより、純粋に知的興味なんじゃないかな。天才と会ってそこからインスピレーションをえたり。

何にせよ、天才の能力にビジョンが掛け算されて、日本発のノーベル賞受賞者やグローバルベンチャーが生まれるようになっていくことに期待。
「灘高校とか開成高校も、この財団に注目してくれています。こうした名門校が、素晴らしい起業家やビジネスマンを輩出したことを売りにする日が来たら、それは素晴らしい」。ホントその通りだと思う
異才たちが「なんとなく東大理三にいっている。他のキャリアもありうるのではないか」という着眼点が面白い。ただし、継続的な成果を出しているわけでもないので、過剰評価も禁物か。教育研究は存外奥が深いだけに。スケール感も1000万円を100人で10億円スケールというと個人で負担するとなると凄いが組織としてはたとえば国立大の予算規模よりゼロがふたつ足りない。
文中にもでてくる東日本復興支援財団が設立されたのは2011年6月。震災直後でガレキの処理や仮設住宅の建設の議論の最中に、孫さんは始めから次世代の子どもたちの支援を打ち出していました。当時から、子どもたちこそ、次の社会をつくる、という信念をお持ちだったのだと思います。
この連載について
孫正義がニッポンに散らばる異才たちを集めて、旧来の教育システムでは育てられなかった、天才たちを生み出そうというプロジェクトが始まった。NewsPicksはそこに集った合計20人以上の天才の卵たちにインタビューし、前代未聞の「天才工場」の舞台裏に迫った。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連企業等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
11.0 兆円

業績