新着Pick
50Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
(追記)
当該団体より私のコメントに対してクレームを頂いたので、少し補足をしたいと思います。
確かに階段や看板を設置したのは民有地であり、市に許可が必要なものではありません。「多くの人が見に来ているのに劣悪な環境だから整備しよう」というボランティア精神だったのかもしれません。ただ、市原市が周辺用地を取得し、環境整備をすることを表明している中で、市に何ら情報提供や相談をすることなく、民有地を取得、階段・看板を設置したことはやはりプロセスとしては問題だと批判されて然るべきでしょう。
現地で見学に来た人にねつ造を説いて回る、当該団体や国内学会で異議を唱えるプロセスを飛ばして審査団体側に異議を唱えるやり方も含めて、楡井さんの主張が正しかったとすれば、なおさら多くの方の共感を得られるプロセスを踏むべきだったのではないかと考えます。
豊洲の盛り土問題に関しては「科学的信憑性が疑わしい」は私の立場からは言い過ぎでしたので、安全性に疑問を唱える側で積極的にコメントされていた、と訂正します。

(原文)
楡井さんは申請時に謝辞も出している、同じくチアニアンを研究してきた方なので真意が分かりませんね。市に無断で階段や看板を設置したのも、楡井さんのこの団体です。
なお、市原市の現地ではだいぶ前から楡井さんが居て、データのねつ造だ、と見学者に話して回っているようです。

ちなみに楡井さんは豊洲問題の時、科学的信憑性が疑わしい内容の豊洲の危険性をテレビで発言していた方でもあります。
うーん、なんか政治的な思惑がいろいろと絡みそうですが、この種の問題は本当に審議を確認する方法がなかなかいないのが難しいところですね。
【社会】反論が出た以上は粛々と科学的に再反論すれば良いこと。それができないのであれば、本当に「チバニアン」は諦めた方がよいということになる。