新着Pick
809Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
このようなサービスで、薄れたご近所付き合いの新たな潤滑油になると素敵だし、インターネットの正の面だなあ、と感じます。
500円で顔見知りのご近所に一時的に子供を預けられる、アズママというサービスを見たときも感じましたが、お金を介することで、少額だとしてもお互い楽になる、という「お金」の役割ってあるなあ、と思います
モノのシェアリングは次の波として大きくなりそうですね。

同じマンションに住む人とかだといろいろ共有できそう。自転車、プリンター、ルンバ、とか、たまにしか使わないものが結構場所を占めてるからなあ。意外とWIFIがいいかも。

お隣さんにお醤油借りる時代が再来しますね。
サイトを見たところ、ドローンやキャンピングカー、プロジェクタ、カメラ、ロードレーサーなどが人気のようでした。
単価の低い商品については配送の手間やコストを考えると、やはりある程度単価の高いアイテムが対象になってくるだろうなと思います。C2Cでもこの構造は変わらない。
ここぞというときにハイエンドモデルのカメラを借りるとかは確かにありですね。
【所有と人の関係性】
いいアイデアだなあ。持つ人も借りる人もサステナビリティにもいい。「モノが売れなくなるのでは?」という懸念もあるけど、”どうせ一回しか使わないんだから粗悪で安価なものを売ろう”という送り手の発想が、”高くてもいいものをしっかり所有して、貸すことで後回収しよう”という購入側の理屈によって変わりそう。所有に運用の考え方が掛け合わされるのも楽しそう。「どうせ買うなら本当にいいものを買おう」という、所有そのものの価値のアップデートにもなるかもしれない。
お花見シーズンの代々木公園とか、夏のバーベキュー場での、調味料や紙皿のCtoCサービスが欲しいw
世知辛いと言えば世知辛いですが、今どきと言えば今どきのサービスなのかもしれないですね。それこそ僕が子供の頃は近所でいろいろな物の貸し借りが普通に行われていました。ただ、まあこのサービスをきっかけにコミュニティが活性化すれば、それは世知辛いが世知幸いになって素晴らしいことかなと思います。
「Fat Lama」という奇妙な社名が資金調達において重要だったのだとか。「Lama」とは、チベット仏教の高僧か、ラクダ科の動物(リャマ)か。

ヒト、モノ、と来ればカネ。ちょっとお金の置き場に困ったら、うちのリビングにどうぞ。
どうしても必要だけど1度しか使わないというものは結構多く、いちいち買うのも面倒。ある意味昔ながらとも言えるシェアの概念が効率的と注目されているのは、とても面白い。
逆に分かりづらいわタイトル、

モノのシェアリングやろ

貸す方はあまり儲からんしめんどいような気もする
自分なら高枝切りバサミや芝刈り機を借りたい。
Airbnb(エアビーアンドビー)は、宿泊施設・民宿を貸し出す人向けのウェブサイトである。世界192カ国の33,000の都市で80万以上の宿を提供している。2008年8月に設立された、 サンフランシスコに本社を置く、非公開会社Airbnb, Inc.により所有、運営されている。 ウィキペディア