新着Pick
38Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
相当のエビデンスがないと、現場では診療報酬で手当てされると言うのはまだまだ遠いだろう。しばらくは補助的なツールとして使いながら、医学的に検証されれば道が開けてくる。
新薬開発1200億円、アプリは数億円。生活習慣病や精神疾患をターゲットにすると思いますのでブームで有象無象が一杯出てそのうち良いものに収斂してアップデートし続けていくという形になりそうですね。
新薬開発に代わるビジネスモデルとして、製薬企業が「治療用アプリ」開発を進めている。保険適用を視野に入れている。

治療用アプリ、AI活用については、FDAでは既に承認済みのソフトウェアがあり、いわゆる Digital Transformation が着実に進んでいる。日本においても承認スピードを上げて実績を出してほしいところ。
田辺三菱製薬株式会社(たなべみつびしせいやく、英文:Mitsubishi Tanabe Pharma Corporation)は、日本国内の大手製薬会社企業である。本社を大阪府大阪市中央区道修町三丁目2番10号に置く。三菱ケミカルホールディングスグループ傘下で、三菱グループ(三菱金曜会及び三菱広報委員会)と三和グループ(三水会及びみどり会)に所属。 ウィキペディア
時価総額
6,524 億円

業績