新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

561Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
この1、2年で日本の音楽業界から、ようやく新たなムーブメントが起きる気がしています。

CDがピークを迎えた1998年から、日本の音楽産業は暗い話ばかりでしたが、世界ではスポティファイなどストリーミングの台頭とともに、一足先に音楽産業が復活しました。

CDが根強い日本では、音楽業界を取材していると、未だに過去の呪縛に縛られていると感じることも少なくありませんが、実は、その文脈の外側から、新たな仕掛けを着実に進めている人たちが登場してきました。

そのビジネスの最先端を仕掛ける、お二人に話をお伺いしました。全3回、話が進むに連れて盛り上がっていきます。ぜひ、ご笑覧いただければ幸いです。
おもろー!ようは「最先端の音楽代理店」。流通はもちろんだけど、発掘からプロモーションまでやってしまう。しかも市場に国境はない。AmPmさん衝撃だったもんなー。

ただ揚げ足取りだけど、史実として、冒頭の記述「デジタル時代の最先端を走った」のは、「ヱロ」であり「軍事」であったと思ふ。関係者が少なめでも作れちゃう「音楽」はいつも早めな3番、4番手。でも「動画」ももはや「音楽」とさほどスピード違いなく、むしろ多様な人種巻き込めるフォーマット故に、変革すすむかも。
50年代の7インチレコード時代には、1曲が長いシングルなんてなかったですが、12インチシングルの登場はクラブでかけるのに都合が良いDJからの要請で生まれたものでした。

90年代の日本では、CM・ドラマタイアップ⇒CDが売れる⇒カラオケで唄われる。このPDCAの結果、分かりやすくサビから始まる曲など、CMやカラオケに最適化した曲が沢山生み出されました。

つまり音楽は外部環境に依存され生み出されていると言えます。CD文化が終わり、ストリーミング全盛時代、新たなエコシステムが生み出されようとしているのは興味深い。

CMでもドラマ主題歌でもカラオケでもクラブでもなく、「新たな何か」によく合う曲というのも聴いてみたい気がします。
めちゃめちゃ面白いテーマ!素晴らしい。音楽のビジネスがパッケージからダウンロード、ストリーミングへと変化するということは、当たり前だけれどリスナー側の音楽への接触の仕方も変わっていくこと。

重要なのは、その中で音楽がどのような経路で流通し拡散していくか(販売ではなく拡散)という経路が変わっていくということで、メディアやソーシャルという部分と、youtubeやストリーミングという機能的要素がどのような形で結びついているかを理解していないといけなく、これは10代とか普段から音楽を聴いている層であれば自然と理解できる部分だけれど、そうじゃなければ絶対わからない。これを理解するには現状の音楽が何で聞かれていて、どういう音楽がそこにあるかを体験するしかないでしょう。

記事内であった重要な考え方は以下。音楽はいままさに非常に興味深いフェーズへと突入していますね。


>メディアがユーチューブやスポティファイ、インスタグラム、サウンドクラウドなどに、それぞれ自分たちのチャンネルやプレイリストを持ちながら、アーティストの楽曲をピックアップし、自分たちのブランドとそれを中心としたエコシステムをつくりあげている「サブミッション・メディア」と呼ばれるアイデア
音楽はなくならないですね。
CDなどによる音楽の売り方の仕組みが衰退しただけ。

音楽会社の護送船団方式ではなく、
発信型の音楽メディアプラットホームが
これからの中心になっていくと思いました。

環境が変われば、コンテンツも変わる。
楽しみです。
lute五十嵐くんの記事。彼とは一度飲みましたが思考とアプローチがボクとかなり似ていて、すごくおもしろかった。分散型メディアのスキームはメディア形態はアップデートされているものの効率という意味ではまだ先がありそう。思考が似てるから彼も気づいているとは思いますがw
tunecoreは、ここ数年間、個人のアーティストを支援する仕組みを運営し続けた。そして、時代がついてきた。同じことが、必ず、本でも起きる。Kindleは、個人を解放するサービスではなく、出版社の代わりにプラットホームにしばりつけるサービスだ。
やっぱりフラットに考えるべきだとも思っています。せっかくデジタルメディアなんだし、せっかく音楽、そして動画なんだから、言語は関係なくボーダーレスにいけるはずなんですよね。
やっぱり商慣習やしがらみで、変な壁ができちゃったらもったいない。
例えば、韓国とかアジアでも、割とボーダーレスにできている国がいくつかあって、日本も同じぐらいにボーダーレスになれれば、新たなコンテンツの享受の仕方、つまり新たな「ランゲージ」が生まれてくるはずなんですよね。
あとで読む