新着Pick
158Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
福岡の学生にとって身近なホークスを教材にスポーツビジネス、エンタメ、地域活性化といった要素を現場スタッフによる講義と現地視察から直接学び、体感できる九州初の内容です。球団の皆さんの多大なるご支援とご協力の下に今年から実施しています。

学部横断型なので、スポーツビジネスの基礎を学びながらですが、かなり応用的かつ実務的な中身に。そのため学生達も必死です。

しかし、質問や意見の挙手は多く、講師とのディスカッションも活発。何より教室全体が笑顔やユーモアに溢れています。

今後は筑後やヤフオク!ドームでの現場実習も。
そして、6月8日は球団代表取締役専務の太田さんによる「スペシャルイベントのマネジメント」と題した公開講座。鷹の祭典やタカガールデーなど、ホークスの看板イベントの裏側を解説頂きます!

ご都合よろしい方、是非福岡市東区の九州産業大学までお越し下さい。事前申込が必要ですが、以下から可能です。
https://questant.jp/q/ksu_hawks_june8
JリーグやBリーグをみていても感じますが、プロスポーツと地域の距離はどんどん近づいていますね。チームとサポーターという関係だけでなく、ビジネスと地域活性という関係が近年は発展していることを感じています。

仕事として住んでいる地域に貢献したいという方に数多く出会いましたが、地方公務員や地銀という選択肢しか考えていない人が多かった。

スポーツビジネスやテクノロジーで地域を活性化しようとしている企業も最近は増えてきていますし、このような産学連携事例は視野を広げるきっかけになりそうですね。
福田さんの素晴らしい取り組みが形になってきており、こちらも刺激をいただきました!
江尻さんも登壇されていたんですね。スポーツの持つ「ハブ機能」の効果を感じました。
スポーツビジネスは誰にとっても身近なようで、きちんと理解するのはとても難しいと、自分自身が仕事として学んできた中で感じています。ビジネスそのものを理解した上で、スポーツの特異性が加わったスポーツビジネスが存在しているためです。
逆に言えば、学生さんが興味を持ちやすいスポーツの分野からビジネスへの興味を高めることもできるはずなので、そういった役割を担えると面白いのではないかと思います。
プロ野球の運営チームが大学で10回に渡って講義。こういう地域密着はいいですね。お互いにメリットがあると思います。

しかし寝ぼけているのか、「ホークス」を見て一瞬「南海」と思ってしまった。我ながらいつの時代やねん。
プロ野球の今後の繁栄は、「野球」の枠をどれだけ越えていけるかだと思う。その上で素晴らしい取り組み。
いいですね〜!

さすがNPでもお馴染みの福田先生!

#福岡 #ソフトバンクホークス #九州 #九州産業大学
この連載について
プロ野球12球団で最も潤沢な資金を誇り、球界随一の戦力で勝利を重ねる福岡ソフトバンクホークス。「世界一」を目指す球団の経営戦略を、現地在住ライターがどこよりも詳しくレポートする。