新着Pick
501Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
以前、関西出身の経営者が調べたところ、上場企業の創業経営者に占める関西出身者の割合は、人口比率以上に圧倒的に高かったそうです。
考えてみると、「言うだけタダやし」「見るだけタダやし」といった発想や、自分がいかに安く商品を買ったかを自慢するような風土、挨拶の言葉が「儲かってまっか?」だったりと、商売人気質がDNAレベルで染み付いているんじゃないかとさえ思います。僕も祖母が百貨店でベッドを値切っているのを見て育ち、子供心にそれが当たり前なんだと思っていました。

ただ、大阪人(≒関西人)に商売気質が染みついているからといって、何も大阪や関西と言う土地に固執する必要はないのではないかと思います。商機があるなら、東京でも海外でも行ってしまえばいいし、実際に東京で活躍する関西人の経営者は非常に多いですしね。どうしても、所在地による有利不利は相当あるように感じます。シリコンバレーで活躍する中国人やインド人、台湾人の起業家に伍しうるのは、「日本人」ではなく「関西人」ではないでしょうか。

個人的には大阪よりも京都という土地からグローバル企業が多々出ていることに興味があります。大阪とはまた違いますしね。
面白い!同年代で起業をしたり事業承継で経営者をやっている友達と話をしていても、相談をしたり高めあえる相手の存在がとても貴重と言っていて、こういったガチのコミュニティがあること、素晴らしいと思う。

「手堅く」「黒字」という言葉が印象的。
最近だと「計算できるビジネスモデルで一気に投資をして、赤字を掘りながら市場をとって収益化」というスタートアップが増加傾向だと思う。弊社も、黒字化したあとに何回かのファイナンスを伴いながら一気に投資をしてNewsPicksと海外SPEEDA事業を立ち上げて、上場した。
色々なアプローチがあるべきだし、業態によっても最適解は違う。
ナニワのシリコンバレー「にしなかバレー」を知ってる? 知人にそう言われ、にわかに興味を覚えました。そしてさらに調べると、大阪には「秀吉会」というエクスクルーシブな経営者組織があって、時には罵詈雑言も飛び出る本気も本気の切磋琢磨をしている…と。本連載では、その両方を取材しました。

出てくる人出てくる人がいちいち面白く濃い…そこは大阪らしさとして、扱っているビジネスも東京によくあるスタートアップのような、洗練やおしゃれさとは無縁。地に足がついた商売気質に、気持ち良さを感じたのでした。是非お読みください。
大阪のベンチャー社長のまじめで熱い会。いいですね。
ヒエラルキーや退場の仕組みがきっちり決まっている。
売上、粗利、経常利益の順に1億以上を目標とする会社をターゲットにしているのが明確です。
社長向けの会はあまたある。女性社長の会もいろいろ、キラキラ系もあれば弊社みたいに地道系が多いところも。ステージに合わせフィットするところを選ぶとよいです。

にしても大阪の話はなかなか聞かないので、うれしい記事です。
秀吉会笑笑
秀吉会のヒエラルキー構造が面白い!
コミュニティは、フラットに関わることが推奨されやすいですが、敢えてヒエラルキーをつくり、参加者のモチベーションを引き上げている。

大阪独自のノリがコミュニティの文化をつくってるところもあるんだろうな。
ネーミングが面白い!と思いつつ、仕組みもハッキリ。大阪ってなんかごちゃっとしてて、それが良いですよね。ノリや勢い的な、空気感も大切ですね〜。
30人でこの濃度の会をやるのはとても大変だと思うので、続けていけているのが凄いですね。普通は周囲の経営者に相談しているくらいの方が多いと思います。
これはおもしろい。笑
先ほど見つけたけど、この連載、めっちゃおもしろうそう。「秀吉会」。いまどき、これだけ明確なヒエラルキーを打ち立て、上昇志向を駆り立てる仕組みは、ものすごく新鮮だ。大阪で、ひょっとしたら
思わぬ下剋上が始まるかも?
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。