新着Pick
280Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ファッション企業は本当に変化が早い。多角化で失敗したところから本業に絞り込み絶好調という記事が四年前
https://newspicks.com/news/662554

その後、再び進出した周辺事業が不振というのが二年前
https://newspicks.com/news/1524406

そして、本業含め苦境との記事。トレンドの問題もありながら、経営の問題もありそうです
営業利益では16.5億円の赤字。経験上、毎月1億以上の赤字というのは辛いですし、いわゆるコストカットだけでは対応が難しいと思います。仮にコストカットだけをやると次の成長は期待できない。いかに、無駄を削って、同時に短期的に結果につながる投資ができるかが肝でしょう。
社名に「ジャパンリミテッド」と付けて、日本発ブランドをアピールしている割に商品は「中国製」という部分と、それに対して強気の値付けが弱点です。

去年一時帰国の際に心斎橋店を覗いてみましたが、中国人観光客の姿が目につきました。当然ながら「わざわざ日本に来てるのに中国製なんか欲しくない」とガッカリしていました。
皆さん色々理由を分析されている様ですが、商品に関する指摘は「同じ商品でも売れていた時代がある」ので的外れかなと思います。

インフルエンサーの台頭により突出したファッションアイコンという存在がいなくなった。その影響で御家芸の「セレブのアンバサダー起用プロモーション」が無効化しているのが原因と個人的には見ています。

実際、インフルエンサー時代に合わせて海外のスーパーインフルエンサーを5名起用したサマンサ ミレニアル スターズも、サラ・シュナイダー推しになっている所から当初の戦略からのブレが見られます。影響力ではなく見た目重視で露出が決まっているということでしょうから。
k akさんのコメントに重ねると、国内と海外の状況は違うかもしれないが、Kate Spade(というかTapestry)は昨日株価暴落。Kate Spadeの既存店売上がYoY-9%。
https://newspicks.com/news/2998010
http://www.samantha.co.jp/ir/financial/tbr/
財務諸表見ると昨期から店舗数減らして特損出しながらスリム化しようとしてますが売上不振で粗利額減が経費賄えなかった感じで店舗リストラが少し甘かったですね。
社員も昨年は1割ぐらい減ってますが売り上げ減続く中で2期前は結構増えてます。
ストーリーとしては売り上げ減をなんとか新規出店で補おうと3年ぐらい前まではやって社員も増やしたけど舵切って減らしましょう。その間だした店舗がさらに重荷になったという感じですかね。
他のニュース見てもさらに1割減らすみたいなので利益面改善をまずはさせる感じなのでターンアラウンド必要ならリストラできる人外部招聘とか必要な局面かもしれないですね。
商品面で行くと、売れないのは飽きられたか他社に取られてるかなのでフルラあたりに顧客もシフトしてそうですね。
広告面はセレブやモデルなど手の届かない憧れでブランディングしてたけど今はSNSでインフルエンサーの方が時流になって来て広告面もマッチしなくなってしまった。
僕は悪い結果が出たのがわかった後に「そうなると思ってたよ。だって◯◯がダメだったもん」ってあれこれ批評したくない。

今こそ本質に立ち返って社会に対してバッグを通じて何を提供したかったのかを見直す時期。ピンチはチャンス。今でも愛用してくれている人が、もっと好きになってくれる真っ当な施策を考えるべきだと思います。
同社以外にも言えることだが、数十年前と何ら変わっていないビジネスモデル。日本でも、ビクトリアズシークレット型モデルが可能と感じた同社に期待したい
娘の友達にSamanthaがいるが、発音はサミャンサです。
サマンサタバサは、株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドが企画・製造・販売を行っている小物・ジュエリー、ゴルフウェア・特にバッグのブランドである。 ウィキペディア
時価総額
86.9 億円

業績