新着Pick
351Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
少し前から出ていましたが、ついにですか。ギターそのものよりも投資の失敗ということになるのでしょうが、餅は餅屋の方が良かったのでしょうかね。
ブランド価値が既存されている訳でもないので、再生は容易だと思います。

商品が出回らなくなることは、まずありえないでしょう。
慌てて、高値掴みをしないよう気をつけましょう😅
Chapter 11による破綻。Gibsonの経営難が伝えられた最初のPick(①)でコメントした通り、再生案件になった。次は債務整理をして、誰が買うのかという点。Kenjiさんがコメントされているようにヤマハとか出てくるだろうか?
https://newspicks.com/news/2833015
ギブソン損してついにギブ。かねてから、いつかJ-45を買いたいと思ってましたが、この破綻は価格にどう影響するんでしょうか。もしかして今が買い時でしょうか。
今年2月に破産の話がっていたギブソンが米連邦破産法11条を提出したことが分かった。倒産しないのではという報道もあったので非常に残念。ギブソンのギターの価格に影響が出てくるのかもしれない。

ギブソン、倒産する可能性があることが報じられる(nme-jp.com/2018年02月19日)
https://newspicks.com/news/2833015
けいおん!平沢唯のギー太はまだ作ってもらえるのだろうか。(ぼくは中野梓の赤いフェンダー・ムスタング派ですが。)
Gibsonのブランド自体は、ギターのカテゴリーにおいては圧倒的。レスポールといったサブブランドというか、シグネチャーのプロダクトラインも充実している。拡大路線や多角化は明らかにうまくいかなかったが、ハーレー・ダビッドソンのような特化したブランディングで経営を取り戻してもらいたい。
4月20日発売の月刊Factaのスクープの後追いです。

☆ギターの名門「ギブソン」凋落
ーーイーグルスがあの名曲でギターミュージックの終わりを暗示して40余年。ついにその日が。

1902年創業のギターの「ギブソン」が経営危機に瀕している。60年代から70年代にかけて、エリック・クラプトン、ジミー・ペイジ、ジェフ・ベックといった三大ギタリストが愛用するなど、世界中のギタリストに愛された名ブランドだ。中でも、往年のギタリスト、レス・ポールの名を冠した「レスポール・モデル」は、代表機種として52年の初登場以来、現在でもロックミュージックのアイコンとして輝いている。

近年はギターだけでなく、鍵盤楽器、電子楽器、音楽制作ソフトの企業を傘下に収めるなど、ギター専業メーカーからの脱皮を模索していた。2012年には、日本の音響メーカーであるONKYO(オンキヨー)への資本参加を実施。15.45%の株式を保有し第2位の大株主となった。さらに、ティアックやオランダの電機メーカー、フィリップスのオーディオ部門を買収するなどホームオーディオ分野への進出を図ってきた。
ギブソンの経営が順調でないことは楽器業界では知られた話だった。本社を置くテネシー州ナッシュビルの地元紙『ナッシュビル・ポスト』が債務等の具体的な数字を挙げて危機を報じたことで、「あの名門ギブソンが」と多くのメディアが飛びつきニュースが駆け巡った。ナッシュビル・ポストやCNNの報道によるとギブソンには、返済期限が7月23日の銀行融資1億4500万ドル(約155億円)と、8月1日に満期を迎える3億7500万ドルの優先証券の負債があり、借入金の返済や債券の借り換えが実施できなければ、債務不履行に陥る。

格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズは、ギブソンの格付けをデフォルトの危機が迫っていることを示す「CCCマイナス」に格下げした。ギブソンのヘンリー・ジャスキヴィッツCEOは、子会社の売却を実施することで立て直せると危機説の火消しに躍起である。3月20日、オンキヨーは、ギブソンの保有割合が発行済み株式総数の0.00%(3600株)となったと発表した……。

https://facta.co.jp/article/201805032.html
ショックを隠しきれません。
引き続き良いギター作りに頑張っていただきたいです。
ビジネス拡大の失敗により破綻申請となると、今後の生産はどうなるのだろう?

レスポールなど、ギブソンのギターが手に入りにくくなるなら市場での価値は高まるだろうな。