新着Pick
119Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
シンガポールの炭素税について知らなかったが、興味深い変更。
シンガポールはその地理的優位性で、石油化学産業を政策的に振興してきた。自国需要は限られているので、精製しアジアに輸出というモデル。
そのなかで炭素課税は、短期的にはコストアップにつながり、産業競争力を下げる。一方で、世界的に導入が進めば、先行的に導入してノウハウもたまっていることが有利になっていく。
アジアは新興国が多く、炭素税の導入が進むとは限らないと思う(あまり詳しくない領域なので間違えていたらご指摘いただきたい)。それでも勝算がある、もしくはそれで淘汰される企業については、その分のスペースをほかの産業に変えていくということではないだろうか。
きつい。
気候変動に対する取り組みがきわめて重要なのは周知の通りですが、環境政策が脱炭素にばかり偏重する傾向は危険だと思います。
二酸化炭素削減ばかりを推進するあまりに無理をして生じたひずみが、結果として廃棄物処理や大気汚染といった別の環境問題に発展しかねないケースもあると思うのですが、炭素税はすでにビジネス化している側面もあるのでここにはあまり目が向きません。
とはいえ、東南アジア諸国の中で率先して炭素税を導入したシンガポールの決断は褒められるべきことだと思います。
時代の流れ。コスト増につながるリスクある中、最初の国として進めるシンガポールに敬意。

これこそAsia 2.0リーダーシップ。世界の温暖化への対応こそ、日本に真っ先に進めてほしかった。

来年以降の炭素税の効果と影響には注目したい。STAY GOLD!
【経済】私も化学メーカーに身を置く人間の一人だけど、炭素税導入は時代の流れだと思う。シンガポールでの石油化学事業は徐々に汎用品から高機能品にシフトしていることを考えると、炭素税を負担しても競争力を維持できる製品を作るしかない。
三井化学株式会社(みついかがく)は、三井グループの総合化学メーカーである。山口県和木町で工場を開業以後、事業拡大・海外展開を行い、三井東圧化学と三井石油化学工業との合併を経て、1997年10月1日に三井化学となる。 ウィキペディア
時価総額
8,227 億円

業績

住友化学株式会社(すみともかがく、Sumitomo Chemical Company, Limited)は、住友グループの大手総合化学メーカーである。国内化学メーカーとしては、三菱ケミカルホールディングスに次いで第2位。 ウィキペディア
時価総額
9,999 億円

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン