新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

401Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
製品の優位性を形(プロダクトそのもの)、型(プロダクトをつくる上でのルール)、思想(ルールを生み出すもとになるポリシー)で分類した場合、形は最も模倣されやすく、思想は最も模倣しにくい。

こうした思想→型→形の一貫性のある製品づくり、そのための組織づくりを私たちもしたいものです。

—————————————————

・エンジニアにとって、よりムダをなくし、熱や電気、水の消費量を減らすために、「材料の数を減らす」ことは大変自然なことなんですよ。

私は、それを「リーン・エンジニアリング」と呼んでいます。我々が実践しているのは、まさにリーンなエンジニアリングなんですよ。

・全ては、エンジニアリングを輝かせるためです。外見を良くするだけのために、最後に何かを止めることはしません。どのような外見になっているかは、最初から決まっています。見た目は、最初から考え尽くされているし、最初から提示されています。

なので、その製品で実際に何ができるようになるのか、エンジニアリングによって何が可能になるのか、製品を記号的に説明するためのものだと考えてください。
ダイソンと聴いて、掃除機を思い浮かべる人は多いと思いますが、創業者のジェームズ・ダイソン氏の、デザインとエンジニアリングの哲学は、ぶっ飛んでいるぐらい突き詰められています。

たまたま、製品として、我々の眼前に登場しているのが、掃除機やドライヤー、扇風機という形を取っているだけで、流体力学からモーター、電池まで技術面を突き詰めた結果が、あのデザイン性豊かな製品という形に昇華しているのだな、ということが思い知らされます。

EVの参入が、どう出るか、まだまだ分かりませんが、その全てを一からエンジニアリングの視点で考え直すモデルが、何か新しい風を起こすのではないか、と興味深く見守っています。
リーン(贅肉のとれたムダのない)のコンセプトは
1. 日本のトヨタ生産方式から始まり
2. 米国のGEでリーン・シックスシグマに体系化され
3. 英国のダイソンでデザイン要素が加味されてリーン・エンジニアリングに進化した…のかな
(中国でリーンXXが生まれれば地球一周)
知り合いの自動車会社の役員が、ダイソンが一番
怖いと言っていた。理由は、何をしてくるか分から無い
からだそうだ。

一方で、モーター特にドライブ側は、出力が変われば
制御は別物である。この辺りのノウハウは、モーター
メーカーのシーメンスとしては、大変では無いかと
思う。

どんな車を作るか、楽しみである。
ダイソンはスーパーユニークな会社でありつつまた同時に、社会に起きている大きな潮流を体現している会社でもある。
リーンもそうだし、デザインエンジニアリングもそう。そして何より、今世紀人類の最大の潮流である「アジアシフト」を下記の通り体現している会社である。

--------工場だけではありません。シンガポールにも、多くの本社機能を持っています。
つまり、アジアは我々の市場の中でも最も伸びている市場ですし、我々は欧州・北米中心の企業というより、アジア中心の企業と考えたほうがいいでしょう。-------
車は部品の数が多くて難しいと言われてたがブレークスルーはこんな思想でおこるか「エンジニアにとって、よりムダをなくし、熱や電気、水の消費量を減らすために、「材料の数を減らす」ことは大変自然なことなんですよ。私は、それを「リーン・エンジニアリング」と呼んでいます」
取材をした森川記者が「デザインとエンジニアリングの哲学は、ぶっ飛んでいるぐらい突き詰められています」とコメントされているのが印象的。記事でもそれは伺えるが、そこに至るまでに何十年という思考と実行を経ているわけで、記事にはない奥深さが実際にインタビューをしたなかで伝わるところがあるし、本人にとってはもっと凝縮されたものだろう。

ダイソンがEVをやること、例えば同じモーターでも出力などによって求められる技術が違ったり、当たり前だが簡単ではない。
それでも、ダイソン氏がやるという点で、個人的には期待したい。
だんだん「リーン」が流行ってきますねw

IT、テクノロジー、AI、オートメーション、そう
そういった完全機械化的なエリアが進むほど
「リーン」というコンセプトが増えていく感じは
今後もぬぐえないでしょう。

にしても楽しみですね、ダイソンカー。
自動車と聞いて、いくら発明的企業でも違うエリアのものは難しいのでは、と浅はかな知識で思いましたが、以下で納得。

「これまでの歴史で、ロボティクス、画像認識系のビジョンシステム、電池、電気モーター、熱管理としての空調まで、様々な技術を開発してきました。
(中略)
通常は、我々は新たなテクノロジーを開発して、そのテクノロジーが新たな製品を作り上げます。だけど、今回の場合は、事実上すべてのテクノロジーを車に使うことができますし、そうすることによって、車と直接関係ないテクノロジーを生み出せるのではないか、とも感じているからです。」

これまでのEVの概念を覆す面白くてかっこいい製品を生み出してほしい!
デザインとエンジニアリングの関係について、歴史や潮流からよく理解できました。ポリシーを持って一貫性がある方のメッセージは響きますね。

以下引用
〝全ては、エンジニアリングを輝かせるためです。外見を良くするだけのために、最後に何かを止めることはしません。どのような外見になっているかは、最初から決まっています。見た目は、最初から考え尽くされているし、最初から提示されています〟
この連載について
テクノロジーの話題に関する特別インタビュー
ダイソン (Dyson Limited) は、イギリスに本拠を構える電気機器メーカーである。サイクロン式掃除機を初めて開発・製造した会社として知られる。イギリス・ウィルトシャーのコッツウォルズにある小都市マルムズベリー (Malmesbury) で創業し、本社・研究所などをマルムズベリーに置く。 ウィキペディア