新着Pick
576Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本では社会が豊かになり、以前よりも人間は金やポストだけでは動かなくなってきました。

そんな中、人間を動かすために大きな役割を果たすのが「意味」だと思っています。

同じようにレンガ職人をやるにしても、どのように語られた方がやりたいと思うのか?

「レンガを積みませんか?」「レンガを積んで、塀を作りませんか?」「みんなが幸せに過ごせる教会を作りませんか?」。

多くの人が3つ目の仕事をやりたいと感じるというのはドラッカーが語った3人のレンガ職人の話です。

1つ目は行動レベル、2つ目は目的レベル、3つ目は意味レベルで仕事を語っているからです。

リーダーが意味を語るために、自らの原体験は非常に大きな武器になりえます。

体験(事実)を伴う意味(ミッションやビジョンを含む)は、本人の強い原動力になると共に、多くの人への強い説得力になるからです。

一方で、私は原体験があることというのは、意味を語る方法の一つでしかないと思います。

歴史を学べば、過去の先にある未来が語れますし、世界を学べば環境の中にいる自分が語れます。

そういったことからも意味は語っていけますし、自分や周囲の「やる気スイッチ」は押せます。

だから、原体験なんかなくても、自分も他人も動かせるリーダーになれると思います。

世の中には過去の原体験に捉われて、苦しい想いをしている人もいます。

しかし、人間はどんな体験であったとしてもそこに意味を見つけ、自らの力に変えることができます。

更には、自らの働く意味や生きる意味を原体験に捉われずに自由に描くこともできるはずです。

人間を動かすのは原体験ではなく、そこに自らが見出した意味だと思っています。
強烈でなくとも、体験を原体験と捉えられる感性があるかは、自身の意思によるところも大きい。そして、その意思を形成するのは、その人の哲学であったりする。
幼少であろうと、自身の理性が求めるところを分かっている人は、こうして結果的にリーダーになったり、功を成したりするのだろう
大変な思いを原体験として持っていることがプラスに働く人は強いですね。ただ、この手の原体験は計画して与えられたものではなくて、特に職場のブラックな環境を否応なく与えられていることも多いんで、その裏には同じ体験がマイナスに働いてつらい思いをしている人もたくさんいるはず。

ということで一番興味を持ったのは冒頭の波頭さんのプログラム。

「「限界を超えさせる」ための方法論と道筋を示す、コーチの役割をします。」

いつかこの辺をじっくりNPでお話頂けるといいなあ。
“結局、人間をギリギリのところで突き動かすのは、そうした原体験であることが多い。リーダーとして突き抜けられるかどうかは、とどのつまり、自分の身体でもって、「体験」を実際にどれだけ積み重ねているかだと思います。シンプルですね。”

原体験がモチベーションにつながり、人を成長させていくのだろう。
波頭さんの言葉に密かに勇気づけられています。強く生きたいものです。卑屈、卑劣、自分の美意識に背く行為をやりたくない、って本当に本当に難しい事。下手すれば融通の効かない面倒くさい奴、って思われちゃいますもんね。それが恐怖だったりする。僕はまだまだ弱い人間なんだと思わされます。
今回の話を読んで感じたのは、お二人とも自分の中に絶対的な軸をもたれているんだな、という事。
相対的ではなく絶対的な軸があると、確かにブレませんよね。
波頭さんのように、本当に嫌なことは何かを把握することは大事かもしれません。自分もやりたいことはつどつど変わる感じですが、嫌なことには軸がある気がします
強烈な経験が映像として残りそこで自分の人生観や考え方に気づく、という話をだと理解しました。
やはり強い原体験は残るんですね。
活躍した偉大な経営者を調べたら共通点は「戦争、投獄、大病」だったという話は有名です。家族の不幸や健康問題、経済的な困窮などの苦しい原体験が人間のエネルギーになるのは間違いないようです。そういう経験を望んで得たいとは決して思いませんが、苦しい時に「これを乗り越えれば強くなれる」と自分に言い聞かせられるマインドは大事だといつも思いながらやっています。

*****
限界を超える方法に関して、僕は少し変わっているかもしれません。例えば、カフェで仕事をして深夜2時を迎えて閉店になったとします。「今日はこの辺でやめておくか」となりそうな状況ですが、そうすると頭の中にある映像が浮かんできます。それは、僕が8歳のときに見た光景です。僕は8歳で母親を亡くしていて、その当時のことが脳裏に焼き付いています。深夜2時にカフェが閉店すると、その時のことが映像として浮かんでくるんです。
すると、「自分に課された運命に負けたくない」という抽象的な思いが引き起こされ、やる気がわいてくる。気付いたら朝5時まで開いているカフェに足が向いています。
前田さんのエネルギー量、これで合点がいった。やっぱり、何か駆りたてられるものがない限り、あそこまでのエネルギーは出ませんよ。常人を超えている。

やる気というよりは、やるように駆りたてられた気に近い感じがします。でも、それがあるからこそ圧倒的なパフォーマンスを上げることができる。
この連載について
現代のリーダーには、2種類の力が求められている。猛烈に働き、ビジョンで人を引きつけるのが「白いリーダー力」だとすれば、清濁合わせ飲みながら、アナログな人間関係の中で人を動かすのが「黒いリーダー力」だ。本特集では、さまざまな組織を牽引してきたプロフェッショナルたちが集結。今、求められるリーダー力について、「白黒両面」から語り尽くす。