新着Pick
992Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
リンクアンドモチベーションではリーダー向けトレーニングなどで、社会心理学をベースに、リーダーに求められる「影響力の源泉」を5つ定めています。

①専門性(すごい)
②魅了性(すてき)
③返報性(ありがたい)
④一貫性(ぶれない)
⑤厳格性(こわい)

前田さんは、自分の原体験と紐付いた確固たるビジョンを語り続け(④一貫性:ぶれない)、相手のことを好きになって喜ぶことを先回りしてやる(③返報性:ありがたい)ことで人を動かしているように感じます。

波頭さんは、豊富な経営知識を元にロジカルに解決策を描き(①専門性:すごい)、時に経営者の耳の痛いこともしっかりと提言していく(⑤:厳格性:こわい)ことで人を動かしているように感じます。

人の動かし方は様々なので、自分に合った影響力を見定め、伸ばしていくことが大切だと思います。

ちなみに、波頭さんはダンディな感じ、前田さんはチャラい感じ(笑)という違いはあるものの、見た目の印象が個性的かつ魅力的(②魅了性:すてき)なのは共通点だと思います!

————————————————

これから、人間の頭の良さの方はAIに取って代わられるようになりますから、人を巻き込む力量がますます重要になってきます。そうなると、人に好かれたり、引きつける魅力が今以上に問われるようになります。

「この人を支えたい」「この人のために頑張りたい」と思われたり、「この人と一緒に働きたい」と感じさせる力量です。
人を巻き込む力量は、ビジョンや戦略ではなく、最終的に熱量ではないかと思っています。
あとは、利己的ではなく、無欲であることも必要ではないかと思います。

私の周りにいる、とにかく人を巻き込むのが上手い方は、自分が面白いと思っていることに関して、それがどれだけ面白いのか、ワクワクさせるのかに関して、いつも周囲に対して目をくるくるさせながら語っています。

そういう人の話には引き寄せられますし、聞いている側もワクワクするので、一緒に何かやってみたいという気持ちになります。
>重要なのは、“共感誘因力”。つまり、いかに巻き込む相手に「自分の物語」として感じてもらうかということです。

最近、『熱狂顧客戦略』で語られるマーケティングトレンドに共感したばかりで、前田氏の考えにも強く共感。

【関連部分の抜粋】
・スマホとSNSにより、顧客は情報量と影響力を持つようになる中、マーケティングは宗教の時代になった(狩猟→農耕→宗教)
・農耕の時代に成功した「囲い込み」戦略は機能せず、顧客は囲い込む柵を軽々と越えていってしまう。
・文脈価値を提供して、「自分ゴト化」する顧客に熱狂してもらうことが重要

【書籍要約】
http://ikadoku.blog76.fc2.com/blog-entry-3250.html
前田さんの話を伺っていると、どんな問いにも一瞬で構造化してコメントを出す頭の柔らかさと、努力を積み重ねた者しか纏わない凄みを感じます。今回の「圧倒的努力」のエピソードは、その象徴です。
"「この人を支えたい」「この人のために頑張りたい」と思われたり、「この人と一緒に働きたい」と感じさせる力量です。"
1番よく有効な解決策は広すぎず、狭すぎないビジョン、ミッション、の設定とその行動による一貫性だと思います。
「世の中はこんな不便や非効率な事があって、こうやって解決したい、だから一緒にやろう」
既存の社員にも新しく誘う社員にも、既存の顧客にも新規の顧客にも、そして株主にも1番シンプルで有効だと思います。
そして設定したあとはその行動との一致が重要です。
前田さんって、とても魅力的なリーダーだといつも思うのですが、その理由ってなんだろうとずっと考えていて、圧倒的な二面性にあるのではとこの記事を読んでいて気づきました。

動と静
冷静と情熱
理性と感情
優しさと厳しさ....

どこかの特性にグッと傾くことが多いリーダーの中で、その2つの両極を持ち合わせるいままでにいないタイプのリーダーだと感じます。
「大物に好かれる人」には理由も理屈もないんですよ。
そういう風に出来ているとしか言いようがない。だから、本人が「もしかしたら、こういう理由で…」と言っても、それを真似したからといって同じように好かれるわけではないのです。
大物に好かれているわけではないですが、先に相手を好きになるというのは共感です。どうにもならない誰かの気持ちを変えるより、どうにかなる自分の気持ちを変える。まずはそこから、といつも思います。
前田さんのコメントにある「相手を好きになる」という話は、相手をリスペクトするマインドセットではないかと感じました。
良い仕事、良いチームには、必ずと言っていいほどその根底に相手へのリスペクトがあると思っています。
自分にこういう要素はないですが、惹かれる気持ちはよくわかります。だから、突き抜けた人材なんでしょうね
この連載について
現代のリーダーには、2種類の力が求められている。猛烈に働き、ビジョンで人を引きつけるのが「白いリーダー力」だとすれば、清濁合わせ飲みながら、アナログな人間関係の中で人を動かすのが「黒いリーダー力」だ。本特集では、さまざまな組織を牽引してきたプロフェッショナルたちが集結。今、求められるリーダー力について、「白黒両面」から語り尽くす。