新着Pick
288Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ドイツで起こった「電気不足」は、再エネそのものではなく、再エネの買取価格(FIT)を含む制度設計の問題です。

高い買取価格で「見せかけ上安くなった」再エネが拡大
従来の火力発電所の採算性が悪化
発電事業者が相次いで、最新鋭のガス火力を含む発電所を休止、閉鎖
結果、急激な気象変動や災害時に電気を確保する予備電源がなくなり、緊急時は他国の電気を頼る環境に

日本では、いざという時に使う予備電源を「容量市場」として確保する議論が進んでいるが、他国に頼れない分だけ条件が厳しい。
日本は、このいざという時の予備電源と調整市場への制度設計を早く確立すべき。
欧州でこの冬、平均周波数が低くなって問題になっていた
のは確かです。それが「時計の遅れ」という症状で現れたというのは、住んでいる方ならではで、面白いなと思いました。(←他国だから呑気なコメント)

ただ、「電力が足りない」というのとは違うというのは、既に何人かがご指摘の通りで、自由化の制度設計の問題ですよね。
電力安定供給のために、各国のTSO(Transmission System Operator: 送電事業者)が需給バランスを維持する義務を負っているのですが、それを破ってTSO間での補填メカニズムを通じて補償してもたいした金額にならないので、
意図的に抑制するTSOがいたようです。
(この点追記:コソボの電力不足が原因とのこと。下記ご参照)
http://www.kostt.com/website/index.php?option=com_content&view=article&id=1257%3A23-march-2018-kosovokostt-risks-being-disconnected-from-the-european-inter-connection-network-in-case-of-imbalances-of-the-electricity-system&catid=44%3Akomunikata-eng&Itemid=28&lang=en

ここら辺既に報告も出ているようですので(ENTSO-Eから)、下記ご参考に。

https://www.entsoe.eu/news/2018/04/03/frequency-deviations-continental-european-tsos-have-restored-the-situation-to-normal/

まぁ自由化して全体バランスを適切に保つのって、本当に難しいんですよね。日本も「自由化→競争→安くなる」みたいな単純な議論で自由化してしまったので、今後の自由化市場のリパワリングをどうするかは大きな課題です。
僕は車20分でドイツに行けたという国境の近くに住んでいましたが、ちょっと知られていない事象を語りたいと思います。

僕の故郷の近くに、原子力発電所がありました。営業運転開始日は僕が生まれる前ですが、国境の近くなので、ドイツ人に否定されて、着工日から開始日までにドイツ人のデモが多かったこと
で有名です。

結局無事に運転開始しましたが、一つの条件としては、もしその原子力発電所でどんだけ小さな問題が起きても、ドイツの担当局に素早く報告しなければなりません。

結果、大したことではないことがドイツで全国ニュースで放送されたことに対して、僕の故郷(当原子力発電所から車で10分以下)ではニュースになっていませんでした。

実家の近所のお母さんはドイツ人だったため、その条件?約束?みたいなのを知りました(つまりフランス人の中では未知です)。

でも、一番おもしろいのは、この原子力発電所から多くの電力を買っている国は… ドイツです。まさかの。


原子力発電所は飛行機のようです。事故があったら、ものすごくニュースになって多くの方々が亡くなられますが、長期間的な数字を見ると、原子力発電所は電力方法の中で一番安全で死亡率が低いです。飛行機もそうです。車に比べると何倍安全です。


▼カットノン原子力発電所
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%8E%E3%83%B3%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80
そりゃ、そうでしょう。そもそも原発ゼロでCO2をどうやって削減するのでしょうか?現実を直視したエネルギー政策が必要でしょうね。
ちょこちょこドイツに来ますが、再エネだめ、原発ありき的なご意見に根拠が薄いと思いました。電力不足はサプライ側の問題ではなく、エコシステムが乱暴だからでは?
これは深刻な問題です。こんなことでは、全面的なEV移行は困難。