新着Pick
102Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
NewsPickに寄稿させていただきました。

吉田 尚記さん、石川 善樹さんによる「どうすれば幸せになれるか科学的に考えてみた」という本をご紹介しています。

”最終的には「これだけ思われているんなら、この人でいいか」になる。つまり「が」じゃなくて「で」だと思ったんですね。”

この本で触れられている結婚観が、とても面白くて常々共感します....。ぜひおすすめさせていただきたいです。

家族留学とこの本の価値観の共通点や相違点、一般的なキャリア論との関連についてもう少し書けばよかったなと思いながらpickします〜〜
例えば、大学のキャリアセンター。「キャリア」という言葉を掲げながら、結婚について、出産について、子育てについてどれだけの大学が伝えられているでしょうか。多くの大学が勝手に思い描く「理想の卒業生」として大手企業でバリバリ働く人ばかりにフォーカスしていないだろうかと。(自分の大学でもできていないので、言いづらいですが)

ライフイベントは大きくキャリアに影響を与えます。だからこそ、その実際を垣間見ることはインターンシップと同じく大切な意味があると思います。そういう観点で家族留学は広がってほしいと思っています。
家族留学、とても良いサービスですね。キャリアというと「仕事」「就職先」にフォーカスがいってしまいますが、どういう「仕事」をするにせよ、家族に限らず周りで一緒に走る人の存在が重要ですので、さまざまな事例を知ることはよいですね。世代の違う社会人バスケチームに所属していたことで、いろいろな家庭を見聞きできたのは今の自分にとってプラスになっていると思います。

自らの経験を振り返ると(まだ家族歴5年にも満たないですが)、特に家族の場合は転勤、生活レベルの選択などさまざまな要素が入り込みますので、価値観をすり合わせることが重要です。我が家では、少なくとも毎年1回は5年先プランの策定・見直しをして、重要な意思決定がある場合は、評価基準を定めた上で、それぞれが点数化して意思決定しています(苦笑)。一緒に暮らし始めたときは、価値観が合わないことも多く、多くのすり合わせ・最適化に悩まされました。「で」いい人と出会い、すり合わせながら、「が」いい人にお互い変わっていくことが良いですよね。
シアトルでよろしければ、いつでも留学先としてどうぞ!
この連載について
NewsPicksコミュニティチームが企画した記事や運営からのお知らせをお届けします。