新着Pick
831Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
画像認識技術で、どこと連携するのか?
これで音声認識のデファクトが進むのか?
コネクテッドの世界、室内と室外の連携、さらに深まるのか?

家庭用ロボットをいえば、日本は自動掃除機市場を甘んじた苦い経験あり。
といっても、今後もアマゾンなど米国勢の後追いになってしまう可能性が高いように思えてならない。
技術で勝ってビジネスで負ける。日本のお得意パターンにはまってしまうのか?

また、中国での家庭用ロボット普及も気になるところ。
これから北京へ。いろいろ調査。
人気 Picker
いよいよ。みんないきなりロボットを動かそうとするが、まずは動かないロボットEchoでこれだけの実績とデータを積み上げ、満を持しての投入。家にR2D2が入れば、配送員に自宅に入り込んで冷蔵庫まで荷物をとどけてもらわなくても、彼が玄関先でピックしてくれる。消費者目線で言うと超便利、事業者目線で言うとこれは大変。
おもろー!
頭はアレクサ、目にはプロジェクター、胸は高性能スピーカー、腹にはダイソン扇風機(空気清浄機付き)、伸びる足にはルンバ(掃除機)…etc. といったマルチ機能をぜひ。
元はBloombergによる報道です。英語の元記事はこちら(①)です。
https://bloom.bg/2HFJ93o
プロジェクト名「Vesta」は、ローマ神話に登場する女神で竃の神、転じて家庭の守護神とのこと(Wiki情報です②)
英語の元記事では、高度なセンサー・カメラ、コンピュータビジョン、自動運転、そしてAlexaのようなAI機能が搭載されると予想しています。
R2D2のように、ビジョンを出してテレビ電話などができるといいですね。
記事にもあるように、癒し系(Aibo)になるのか家事系(ルンバ)になるのかその合わせ技になるのか。

②Amazon Has a Top-Secret Plan to Build Home Robots
http://bit.ly/2HIXZ9n
スマートスピーカとしてAmazon Echoがあって,既に家電関係との連携なんかはできているAmazonなので,そこにフィジカルなロボが現れることで,それとは違うどういう価値を家庭内にもたらすのか?がポイントかなと.
ぱっと考えた時にすぐに思いつくのは,フィジカルに物を運ぶとかそういうあたりなわけですが,果たして.
Amazonでの注文はもちろん、受け取りと開封、ダンボールの廃棄などの面倒な作業を全てやってくれる!……なんてね笑
要するに、"動くDeepLens付きAlexa搭載Echo" という、現時点でAmazonが保有する認識系ソリューションを全部搭載したものだということですね。
"動く"の部分は彼らの倉庫で動き回る "kiva" の技術を使えばPepperよりはるかにスムーズに動くでしょうし。
単独でこれで儲ける発想は無いと考えられるので、これがEchoのように個人宅から情報を抜くエッジデバイスとなるか、リファレンスモデルとして外販するか、今後が楽しみです。
一般家庭に入ったエコーのデータ等を活用して、より汎用性のあるロボットを出すのでしょうね。

アマゾンの家庭への進出は、既存のリアル店舗にとって大いなる脅威です。
今更ではありますが…。
ロボットというと、みんな今までにあるようなものを予想するが、結構全然違う形状のものだったりするのではないかと予想してみる。Alexa同等の耳があり、記事によると目もあるようだ。ここまではEcho Showと同じ。画像認識はAmazon Goの実力を見る限り、かなりの精度はいっているだろう(店舗での用途と家庭の用途は全然違うが)。あとは動くというのが何のためかだ。動いて何をしてくれるんだろう。
来年にも家庭用に販売か。早いな!>アマゾン、家庭用ロボット開発
米国ではこの報道を受けて、ルンバなど家庭用ロボットで大きなシェアをもつiRobot社の株が大きく下落している。
https://www.bloomberg.co.jp/quote/IRBT:US
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、Apple、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
185 兆円

業績