新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

249Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
いよいよ明日27日に迫った南北首脳会談。昨年の一触即発の雰囲気から一転して融和ムードが広がり、一見、まさに一足飛びに事態が進行しているように見えます。
北朝鮮問題をフォローする人であれば誰もが慎重になるものの、一方でトランプと金正恩という規格外の指導者に加えて南北融和を進めたい韓国の文在寅の存在もあり、これまでの常識では考えられなかった「進展」がある可能性もなきにしもあらず。
「北朝鮮は在韓米軍の撤退を求めない」「朝鮮戦争を終わらせる平和条約を視野に入れた事前協議が始まっている」など様々な情報が飛び交っていますが、南北会談を前に知っておくべき全体像を、釜山大学のロバート・E・ケリー教授に整理してもらいました。
私は、楽観的。「2018年は、パックス・アジアーナの時代」と、昨年から宣言してきたし。

もちろん、これだけ急展開したことについては、どの国が得をするかと考えると、答えは明確で、それは「日本」にとっては大変な事態なんだけれども、知らぬが仏で、国会がくだらん議論で、うまく目くらまししている。

あとは日本が、どう「統一コリア」になったあとの市場で、たち振る舞えるか?

そろそろ「平和のための読書会」を韓国で広げる準備をはじめたいと思います。
現状のまとめとして読者側の疑問を整理してくれるありがたい記事ですね。
ただ、その疑問に対する答えはあまりわからない、というところで、やはり疑問は残ってしまいます。

個人的には一番の疑問は「金正恩はなぜ態度を変えたか」で、記事にはいかの説明があります。

「今のところ最もわかりやすい解釈は、金正恩はアメリカ本土を核攻撃できる能力を手にしたので、交渉を行うだけの力のある立場に立ったということだ。」

キューバ危機のように後年「13日間: キューバ危機回顧録」的なもので状況が明らかになるといいなあ。トランプ大統領ならさほど時間をかけずにツイートしてくれるかもしれませんが。
トランプ大統領は、輸入規制で中国や韓国、日本から批判されていましたが、金正恩との首脳会談を予定に入れて各国を惹きつけてしまいました。

安倍首相が米国でトランプ大統領と急遽会談したのも、そのひとつです。

経済的な批判を政治で巧みにかわすという、(意図的だとしたら)見事な手腕です。

一方、北朝鮮の金正恩も積極果敢に行動し、世界に存在感を見せつけました。

裏で全てを演出している人がいたとしたら、天才ですね!
よくわかる解説です。

『今のところ最もわかりやすい解釈は、金正恩はアメリカ本土を核攻撃できる能力を手にしたので、交渉を行うだけの力のある立場に立ったということだ。』
昨今の核や大陸弾道ミサイルの実験中止宣言から考えればこうなるのでしょう。

ブラフか本当か? 会談にあたっての重要な判断基準。
この急転直下の対話路線に対して、わからない部分は素直にわからないと述べることは好感が持てる。トランプ大統領のような不確定要素が加わることで、ここまで目まぐるしく変化が生まれるというのは予想が難しい。だからこそ、この外交劇に「一抹の期待」を持ってしまうのも事実。
時間があるときにゆっくりこの記事を読んでみたい。タイトルだけに関していえば、もともと「戦争直前」ではなかったのでは?
南北の涙ぐましい努力を見ていると同情の念を禁じ得ない。しかし現実の厳しさを考えるとそう簡単には事が運ばれるとは思えない。南北は自国が軍事紛争に巻き込まれるのを必死で避けようとしている。また北朝鮮の経済的疲弊が深刻になる事が元政権の維持を脅かす事になる認識も高まっている。金家族に外貨がなければ軍の指導者の支持は受けられないだろう。米朝の交渉が決裂すれば緊張は更に深まる事になる。予断は許されない情況だ。
OK1さんが仰っているように、昨日トランプ大統領は、指名されたばかりの駐オーストラリア米大使を駐韓大使に指名する方針であると報じられました。北朝鮮問題に対するトランプ氏の綿密な計画性を感じました。
https://newspicks.com/news/2982260

もしかしたらこれまで長年解決できなかったことがトランプ大統領と金正恩氏で解決出来るかも知れないと期待してしまう程、スピーディかつ大胆な動きが感じられる今。どんな成果がもたらされるのか、もしくはこれまで何とか均衡を保ってきた状況から一気に悪化してしまうのか。非常に気になります。

北朝鮮に関して核と共に看過できないのはサイバー攻撃の力。こちらも日々拡大しかなりの力を有しているのではないかと感じます。
【北朝鮮のサイバー攻撃、17カ国に拡大か】
https://newspicks.com/news/2983472

また、見えていない部分に関してもどんな交渉が行われているのか。色んな想像をしてしまいます。
今回の朝鮮半島における動向がどう向かうかは、注視するしかありませんが、この20年来の韓国映画の名作には南北問題が深く投影されていますね。
JSAやシュリ、高地戦、義兄弟など、政治的背景を上手く織り込みつつエモーショナルな観点から見ごたえがある映画が作られてきています。
(こうした名作群には結構な確率でソン・ガンホが活躍してます。本当に上手い役者)
この連載について
NewsPicks編集部による特別企画を有料でお届けします。