新着Pick

従業員のいる飲食店、面積に関わらず禁煙 都が独自方針

朝日新聞デジタル
東京都は、独自に制定を目指している受動喫煙防止条例案について、従業員を雇っている飲食店内を、面積にかかわらず原則禁煙とする方針を固めた。都内の8割以上の飲食店が対象になるといい、受動喫煙対策を強化す…
330Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
おれはタバコ吸わないけど、そこまで厳格化する合理的理由ある?禁煙の店に行けばいいだけじゃね?
飲食店にとってはかなり厳しい顔知れないが、タバコの害がない世界を作るには必要なことかも知れない。国もこれくらいの法案が作れるようになってほしい。
午前中に一緒に仕事をしていた都民ファの都議が、これから発表なんだ、って足早に去っていったね。彼が本法案作っているからね。
私は全く喫煙しないし、そもそも喫煙経験がないから、いくらでも厳しくしてもらって構わないよ、って言っておいたよ。
何なら喫煙者は閉じた空間(エレベーターとか)にいるのも駄目にしてほしい、っお願いしておいた。臭いからね、少なくとも喫煙後30分は駄目とかにしてほしいね。
素晴らしい。日本もどんどん子供に優しい社会になっていく。小池さんあっぱれ!!

もし子供か大人かどちらかが我慢しなきゃいけないなら、我慢すべきは大人のほうだ。当たり前のことである。
国の受動喫煙対策が骨抜きになっている中、東京都が独自の方針を打ち出すようです。記事によると、都内の8割を超える飲食店が対象になるようです。
タバコの方もいいんだけどさー、花粉と満員電車撲滅の話はどうなった?⑵

今年は重度の花粉症発症でホント大変です。
バーを分煙しようとトライしてみた。

都から助成金もらうの、めっちゃ難しい。
素人じゃ絶対無理。

JTが手伝ってくれるサービスがあるが、
それでも、会社にとっては1ヶ月位は、助成金貰って工事するまでに、1人専属になりそうなコスト。

少人数でやっている店は先ず無理。

そして、深夜酒類など、風営法の許可を得ている店は助成金を貰えない。

助成金はおりないが、飲食店にキャバクラやホストクラブは入るのか?

生活に関わることだから、丁寧な建て付けのルールにして欲しい。
大賛成。そして結局タバコが吸えなくなっても客は減らないと思う。外の灰皿で吸えば良いという認識になるだけ。

東京が先導すれば地方にも波及する。Goodjob!
政府の法案のほうは実行力の乏しいものになっています。

これに対して、東京都の条例案は規制対象を遥かに広げたもので、「五輪開催都市」として評価できます。

ただ、法律と条例で相当の差が出るので、整合性に問題はないのか気になりますが。
日本はなぜか屋外や路上禁煙を先に徹底してしまい、今度は屋内まで禁煙化か、ということでザワザワ。しかし、受動喫煙の影響で年間15,000人が亡くなっているという厚労省データがある。大人に連れられて副流煙(主流煙の3倍のニコチン&タール, 4倍弱の一酸化炭素)を吸わされる子供や、望んでいないのに同じ空間にいる喫煙者のせいで受動喫煙の影響を受けてしまう人たちを救う、日本以外の先進諸国では当たり前の罰則つき規制です。
ちなみに私は、今回都が出した条例も抜け道ありまくりの骨抜き案だと考えます。例えば資本金100万円で別会社をつくり、そこに親会社から出向という形にすれば雇用形態に当たらず実質従業員0人経営ができてしまう。なので、一斉屋内全面禁煙案を推しています。全飲食店が禁煙になると、当たり前ですがお客さんの総数が減ることはなく、ファミリー層などはレストランのオプションが広がります。喫煙者(東京都では2割弱)のために煙害死を防がない、もしくは全面禁煙にすることで売上が上がるという研究結果があるのにも関わらず歴史にとらわれ続けるのか。変わる時代に対応できる飲食店に行きたいです!
ちなみに私含めたチームは先日の小池さんの本条例発表の一週間前にロビーイングしており、小池さん自身が本条例の意義を理解されており、国とは違って希望があるのでその点では応援したいです。
ps喫煙したい人はしていただいて結構。望まない煙を吸ってしまっている人たちがいる現状を打破する、という話ですazs! ie喫煙化を謳っているわけではないです。