新着Pick
362Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
契約書のやりとりが手間で、せっかくのビジネス機会を遅くしたり、機会を逃したくないからリスクが怖くても契約書を結んでしまったりしていることがあります。

変化の時代は スピードとリスクを両方コントロールすることが大事で、AIと弁護士業務は
契約書のレビュー・リスク判定とむちゃくちゃ相性いいです。

アドバイザーとして関わらせていただいてるGVA Techはハノイ工科大学のAIチームを活用して、ほっといてもAIが強くなっていく構造ができつつあります。

今回のリリースあるように起業家・大企業だけでなく、これからリスクを背負う副業・フリーランスの方々にもお役立ちできればです。
おー。いいですね、これ!裏でどういった処理をしているのか興味があります。

https://newspicks.com/news/1630974?ref=user_106235
こういうサービス、どんどん普及するでしょうね。とはいえ類似のサービスも多数出てくるので、どれを使うかという問題はまだ残されています。ただ、問題はすでに使うか、使わないかではないところに到達しつつあるという点で、色々考えないとならないでしょう。当然これは、弁護士だけのリスクではありません。
弁護士の方が起業、そして弁護士による目視チェックも最後に入る。
どれだけ自動化できているのかが分からないが、先に参入して、契約書を多く読み込み、その目視チェックによる修正がはいるほど、機械学習のためのデータがたまる。
これ素晴らしい!英語のも欲しい〜
使って見たい!でも、まずは怪しいものの抽出からか、、、
中小企業は法務の専任担当を置くのは難しく、リーガルテックの活用は進みそう。