新着Pick
548Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
リアル店舗でどこで何が売れるかのデータが溜まっていくと考えると相当革命的に見えます。

返品リスクは一旦被るものの、初めて使う卸にしか認めていないということで、実はそんなにインパクトはないかもしれません。一方で小売のバイヤーにとっては初めて使う卸で返品可能というのはかなり魅力的に見えそう。そうやってバイヤーを集めてデータが溜まっていくと徐々に返品を減らすことができマッチング精度も上がり、どこで何が売れるかわかるようになっていく・・・かなり大きな存在になり得るモデルに見えます。
バイヤー業務をされている皆様が知っているか、また実際に使うイメージがあるか、伺いたい!
面白いですね。この辺りはバイヤーの絶対数を増やせないとユニークな商品幅も結果的に増えないので、どこまでその両輪共に大きくしていくか気になるところです。
既存の「〜っぽい」というのは大事なんですが、自社の色から敢えて外すバイイングも存在します。結果、売り場のアクセントになったり、既存の「〜っぽい」商品が安心するね、と購買を促進する役目も担うことになるのです。 正直、そこの塩梅が1番難しかったりする。

置いて売れなかったら返品。たしかに魅力的なのかも知れないですが、自分が良いと思ったものを、売れるようにする為にはどうしたらいいのか、を考えるのがバイヤーのお仕事の一つでもあるのでは。
このアイデア、企画から実行までのスピード感なんなんでしょうね
大企業なのに(´・ω・`)
トップダウンだけともいえんよなあ
ベゾスも隅から隅まで考えてられないのだし
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。一部の地域でネットスーパー(Amazonフレッシュ)事業を展開している。 ウィキペディア
時価総額
79.5 兆円

業績