新着Pick
462Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
報道の自由、さらには報道機関の内部的自由をきちんと担保して、ジャーナリズムの発展に寄与することになるのなら、悪い話ではないのかと思います。インターネットがレガシーメディアから奪った巨額の利益を何らかの形で還元していかないと多くのレガシーメディアは立ち行きません。ジャーナリズムの崩壊は、フェイクニュースの世界へとつながります。アマゾンのベゾスCEOは、ワシントンポストの報道の独立を守りながら新時代のメディアへの脱皮に取り組んでいます。アマゾンのビジネスは既存企業を焼き払う焦土作戦のようで好きではありませんが、ベゾスCEOのワシントンポストでの振る舞いは評価できると思います。
日本は新聞社の株の売買が規制されているのでアメリカのようにはいかないでしょう。朝日がアマゾン、毎日がソフトバンク、読売が楽天といったプロ野球のようなことにはならないとみます。
記者の安全と一定の生活を保証し、良質な記事を世の中に提供し続けるためにどのような経営の形が望ましいのかは意見が分かれるところです。
ひとつ言えるのは、メディアも競争の中で生きていかなければならないこと。記者クラブのぬるま湯に浸かって仕事をしている日本のメディアも、そろそろ護送船団方式から脱して、自らが受け手に積極的に選ばれる取材と記事掲載に、エネルギーの全てを注ぎ込む取り組みを行うべきだと思います。大臣会見に出られるようになって、ますます行政との歪んだ関わりを目の当たりにする今日この頃です。
私も地道に頑張らなきゃ!
ソフトバンクがシカゴ・トリビューン、LAタイムスを発行するアメリカの新聞大手トロンクの買収に関心を示しているとAXIOSが報じている。ただ、まだ多くのプレイヤーの1つであるという状況。
https://www.axios.com/tronc-gannett-apollo-softbank-investors-b54fa97d-2365-4575-a37e-f7ec4f088d2d.html
トラディショナルメディアはもう自力でデジタル化するのはほぼ無理に近いと思います。潰れて清算するか、力のある新たなプレイヤーのもとで再生するか。後者の方を選ぶ会社が一社でも多く出て欲しい。
経済的メリットではなく、政治的影響力を手に入れるために感じてしまう... >ソフトバンクがシカゴ・トリビューン、LAタイムスを発行するアメリカの新聞大手トロンクの買収に関心を示しているとAXIOSが報じている。
外国資本によるメディアの買収は、この国では騒ぎにならないのでしょうかね?
経営不安が囁かれる日本の大手メディアを外国資本が買収することは、いつかあるのだろうか?
米有力紙シカゴ・トリビューンなどを抱える米新聞大手トロンクの買収
持っておいてジャマには、ならない老舗メディア。赤字を再生すればより高い影響度も…。しかし、現在のソフトバンクのファンドビジネスとしては、いまさらな気がする。トロンクは社名変更したトリビューンの社名変更した名称。
https://www.huffingtonpost.jp/kazuhiro-taira/tronc_b_10305648.html
その新聞は知らなかったです( ^ω^ )

事業性云々より政治的、ロビー的意図のほうを感じますね。
パイプ作ったり、情報発信したり。
おもろー!
情報革命という大義のもと、雑誌も本づくりも初期から手がけてきたソフトバンクだから「次はメディアまで」というよりは「次は新聞(もしくは広くジャーナリズム)に情報革命興すのか?」というワクワクがある。
世界を席巻するニュースメディアをつくろうという野望だったら、かっけぇなあ。
経営難+セクハラに揺れるトロンク。平山さんがリンクを張ってくれていますが、まだ余りはっきりとはしていない感じですね。個人的には、LAタイムズを買った医師がなにをめざしているのかが気になります。

記事では、ソフトバンクについては、昨年買収した傘下のFortress Investment Groupが、GateHouse Mediaという地方紙グループに関係している、という文脈で紹介されています。

それにしてアメリカは地方紙すごい多くて、どんどんMAされてますね。日本の場合だと、各地放送局と紐付いていたりするので、あまり目立った動きにはなりませんが。