新着Pick
407Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
発電量は明るさによるので明確な数字は出せませんが、光や熱を出すものは思っている以上に電力を必要とするので充電するのに大変な時間がかかります。この太陽電池は小さなIoTセンサや時計などを動かすのにはいいかも。

ソーラーパネルでスマホを充電すると何時間かかるの?
https://king.mineo.jp/magazines/special/423

4時間充電でスマホ40%給電も、携帯型太陽電池テスト
https://style.nikkei.com/article/DGXNASFK07030_X00C14A4000000?channel=DF090220166687&style=1
以下の記事に発電量出てますね。
https://newspicks.com/news/2963416/

5センチメートル角で0.33mWですね。

再掲
『5センチメートル角の基板を110個つなげ、疑似太陽光を当てた際に最大電力36ミリワットを達成した。』

110個って事は、縦10個x横11個並べて、縦50センチ横55センチの大きさ。
それで36mWって事は、3.6vで10mA。
iPhoneXのバッテリーは2716mAh。リチウムイオン電池は3.6vなので充電ロスを無視すると、満充電までに271時間かかる。

更に写真のようにポケットに付けてるのは5センチ角っぽいから、1個だけ。110分の1の出力。
満充電までには30000時間弱。1240日くらいかかる。3.4年くらい。

そのくらいの電力だそうです。
発電量が増えて、ノートパソコンからスマホやApple Watchまで、自分が使うモバイル端末すべて、自分で発電出来るようになったら、ホント便利になるなあ〜
とてもオモシロイですね!別の記事によれば「ガラス基板を使った従来の太陽電池とほぼ同じエネルギー効率を持つ」そうです。導電繊維を使ったスマートテキスタイルと合わせれば、半永久的に使えちゃいますね!!

もう少し詳しい記事はこちら↓
https://www.wwdjapan.com/601193
これは洋服にと言うよりもバックやリュックに使われるのがまずはファーストステップな感じもしますね。
というか、日除けパラソルとかレストランのテラス席のシェードとかの方が普通に用途としてありえそう。薄くて曲げられる素材であれば発電したい場所は色々ある。
おー。キャッチーな見せ方だな。おもしろい。
これ、技術的に超つまらない言い方をすると、耐熱性の高い有機薄膜太陽電池ができました、という研究、ということになるのかな。
元論文をみつけたので貼っておきましょう。
「Thermally stable, highly efficient, ultraflexible organic photovoltaics」
http://www.pnas.org/content/early/2018/04/10/1801187115


電圧の取り出し方って、いま、どのくらい進んでいるんだろう。
発電はできます。でも、電池として使うためには、コードを繋ぐ必要があります、というのでは情けない。無線給電でいきたいですね。

けっこう、ピッカーのみなさんがコメントで「うおー、こんなことにも使えるやんけ!!」というふうにコメントを寄せられている内容って、よく読むと、別に「洋服に太陽電池がアイロンで貼り付けられるから、実現できること」、というわけでもない、というところがとても興味深いです。
こういうキャッチーな研究によって、市井の方々が、薄膜太陽電池の裾野の広げ方について思いを馳せてくれるというのはおもしろいし、ユーザー目線の魅せ方ってこういうことかな、と勉強になります。
理研の技術。スマホの電池がいらなくなる、のが第一目標かな。表面積の広い和服が向いてそう。
今すぐ欲しいです。スマホ充電用に。アイロンで貼り付けられるなら、背中にモダン市松模様のようにしてみたい。
記事にあるようにスマートテキスタイルの電源としては相性良さそうですね。

それより何より、コメント欄でここに使える、あそこに使える、とアイディアで溢れるくらい、いろんな使い方を想起できるあたりで既に勝ち組な製品な気がします。
目立たないようにデザインできるのであれば、着ているだけで充電できる服として欲しいという人もいそうです。