新着Pick

米大統領、FRB副議長にピムコのクラリダ氏を指名

Reuters
[ワシントン 16日 ロイター] - トランプ米大統領は16日、連邦準備理事会(FRB)副議長に、米債券運用大手パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー(PIMCO)の幹部でコロンビア大教授のリチャード・クラリダ氏を指名すると明らかにした。
31Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
空席が続いてたフィッシャー元副議長の後任ポストですが、クラリダ氏が指名するとの報道です(以前も報道がありました①)。
サンフランシスコ連銀総裁であったウィリアムズ氏とともに、理論面からパウエル議長を支えることになりそうです。
クラリダ氏は、ブッシュ(子)政権時に米財務省で財務次官補、コロンビア大学で経済学部長、その後、クレディ・スイス、PIMCOと政・学・民と多分野の経験があります(日本ではとても考えられない・・・)。学者としては、③の論文が金融政策関連では有名です。
また理事ポストも一つ埋まるようです(まだ空席がありますが)。FRB人事は一部で懸念されたほど極端なものではなく、米国の人材の層の厚さもあってか重厚感がありますね。


①PIMCOのクラリダ氏、FRB副議長の最有力候補に=関係筋
https://newspicks.com/news/2858768

②クラリダ氏の最近の主張は、以下のサイトで日本語で読めます。
http://bit.ly/2FePpxJ

③The Science of Monetary Policy: An New Keynesian Perspective (PDFです)
http://bit.ly/2H5pk25
パウエル議長の第一希望でない印象。