新着Pick
6Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
為替報告書の意図(本気度)を理解するのはなかなか難しい面もありますが、為替について、実質実効為替ベースでみると円安になっているし、2013年以降は名目でみてもまだまだ円安ではなにか、との指摘が非常に気になります。また、エグゼクティブ・サマリーにおいて、前回までに含まれていた金融政策と財政政策に関する記述(緩和的な金融政策と柔軟な財政政策によって)が抜け落ちています。これは、金融緩和による円安誘導は許さん、とも受け止められますので、今後の対話の仕方、米国の反応が気になります。

前回(2017年10月)
Japan should take advantage of the current window of above-potential economic growth, 【underpinned by accommodative monetary policy and flexible fiscal policy,】 to enact critical structural reforms that can support a sustained expansion of domestic activity, create a more sustainable path for long-term growth, and help reduce Japan’s trade imbalances.

今回(2018年4月)
Japan should take advantage of the current window of steady growth to enact critical structural reforms that can support sustained faster expansion of domestic activity, create a more sustainable path for long-term growth, and help reduce Japan’s public debt burden and trade imbalances.