新着Pick
The Wall Street Journal

この記事は有料会員限定の記事となります。

249Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
世界で起きている大きなトレンドシフトを示す非常に重要なまとめ記事。
多少断定的な偏った視点ではあるが、データとしては非常に意味のあるものなので、ぜひ皆さん見ていただきたい。
この記事には興味深いグラフが示されています。
2000年のITバブル以降米国がベンチャーへの投資資金の主たる担い手でしたが、2015年あたりから中国投資家による投資が急速に高まり2017年には米国の半分を超える規模になりました。
2000年のITバブル以降、米国で有力なIT企業が育ったことを考えると、今後は米中の2強時代がしばらく続くことになるでしょう。日本は残念ながら投資受け入れ先として目立つ存在ではありません。
米中孫時代ですねー
改めて、中国の垂直立ち上がりのグラフが凄い
日本も健闘しているじゃなかと思いきや、殆どがソフトバンク ビジョンファンド。。。w
多くの方がすでにコメントされてるが、日本については「日本」と書くより、「ソフトバンク」と書く方が適切なのだろう…
それだけ規模が大きいが、日本全体として大きくなって欲しいとも思う。
もう中国の力を止めることはできないと思います。これからはどうやって中国と対峙するかではなくどう取り込んでいくかです。
ベンチャー投資もその流れだと思います。
問題は中国の後ですね。インドが期待通り成長するか見守りたいです。
リユニオンに行っていて思ったのですが中国本当にすごいですね。アジアの主要都市は日本よりよっぽど先進的になってます。日本は、もう同じ土俵で勝負するのは無理だと思うので、文化力などをどう活かしていくか?
ヴェニスが聚落してフランスやスペインが台頭していくのをみてるようなものだと思うので。

「では日本にとって(同じ土俵で踏みとどまるには)何が解決策になると思う?」と聞かれて、私も友人の日本人も「移民の受け入れ。」と答えましたが、日本にいる人たちを見ている海外の友人達は「今の環境じゃタレントある人は誰も行かない。」その通りです。来日したらすぐ英語で銀行口座開けて電話持てて家借りられるようにしないと…あとナニーと家政婦雇えないと…最低限…
資金の出し手が変わってきたことももちろんですが、投資先もアジア企業の割合が増えていることに、注目しています。
証券会社のみなさんには、日本の預金残高1000兆円が適切な形で日本の有望企業に投資されるよう、営業を頑張っていただきたいところ。

草の根投資でも盛り上がれば、応援も含めて資金を提供する文化が広まり、シニア世代の活力源のひとつになると思うんですけどね。
市場が伸びているところやAlibaba、TencentのようなBig Playerがいる地域に資金も投入されるのは自然なことだ。中国中心にアジアにもVCマネーが流れ込む構図は、しばらく変わることは無さそうだ。一方で、イノベーションの確度とグローバルの視点からすると、Diversityのあるシリコンバレーは、まだまだ魅力的だ。